恋愛情報『配偶者が風俗勤務の過去を隠していたことが許せない…離婚することはできる?』

2018年4月16日 22:33

配偶者が風俗勤務の過去を隠していたことが許せない…離婚することはできる?

目次

・Q.配偶者に風俗勤務の過去を隠していた…離婚事由として認められる?
・A.それだけでは認められませんが、それによって関係が修復不可能になった場合は認められることもあります。
配偶者が風俗勤務の過去を隠していたことが許せない…離婚することはできる?


人に言いたくない過去というものは誰にだってあるもの。なかには、配偶者や家族にその事実を隠したまま結婚・出産し、生活をしている人もいることでしょう。

おもに女性の場合、苦しい生活の改善や、借金返済のためにといった理由から風俗店に勤務することがあります。性的サービスを不特定多数の男性に行うことを仕事とするのは、やはり嫌悪する人も一定数存在しますから、「隠しておきたい」と思うはず。

しかし、何らかの理由で配偶者にバレてしまうこともあります。そうなると、離婚を切り出される可能性も。そのような過去があったという事実のみで、離婚することはできるのでしょうか?

Q.配偶者に風俗勤務の過去を隠していた…離婚事由として認められる?

A.それだけでは認められませんが、それによって関係が修復不可能になった場合は認められることもあります。

離婚原因として法律が定めているのは、民法770条です。1項のうち、1号は不貞行為、などと細かに列挙されていますが、風俗店への勤務それ自体が離婚できます、とは書いてありません。『風俗での勤務』は不貞行為や配偶者からの暴力などのように、わかりやすいものでもありません。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.