恋愛情報『不倫発覚で職務停止の女子アナ…処遇の妥当性について弁護士が解説』

2019年7月15日 13:30

不倫発覚で職務停止の女子アナ…処遇の妥当性について弁護士が解説

目次

・職務停止状態に
・職務停止は妥当なのか
・男性はお咎めなしの可能性
・まとめ
不倫発覚で職務停止の女子アナ…処遇の妥当性について弁護士が解説


東海地方のテレビ局に勤務する女子アナ(24)が、先輩アナ(31)の夫と不倫したニュースは全国に広がり、衝撃が走りました。

この女子アナは先輩アナと共演したうえ、産休に伴って後任となった番組があり、不倫相手は当該番組のプロデューサーだったとのこと。「昼ドラ」さながらの不倫は「令和最大の不倫」などと揶揄されています。

職務停止状態に

不倫が発覚していた女子アナは出演中だった番組を全て降板させられ、現在Webサイトからもプロフィールが削除されており、職務停止状態となっている様子。

同僚を巻き込んだ不貞だけに、異動や解雇も囁かれています。

「降板は当然」「アナウンサー人生は終わった」などの声が上がる一方、本来のアナウンス業務とは関係ない私的な部分での問題だけに、職務停止状態としたことを疑問視する声もあります。

不倫をきっかけとした職務の停止に問題はないのでしょうか?

虎ノ門法律経済事務所池袋支店齋藤健博弁護士に伺いました。

職務停止は妥当なのか

齋藤弁護士:「配置転換の適法性という問題になります。

法的には、配置転換の合理性、企業経営全体の観点から、当該地位を降板させることの適否は判断されることになります。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.