ショック…!「相思相愛じゃなかった」傷心を乗り越える方法4つ

2017年8月13日 18:10
 

人を好きになるって素晴らしいことですが、相思相愛になれてラブラブ交際できる確率って、実はそんなに高くありません。どちらかというと、意中の彼に恋愛対象にも思われないことが多いのです。そこで、そんな時に傷心を乗り越える方法を4つ伝授したいと思います!

1:現実を受け取める

想いを寄せる彼に、同じように思われていないって悲しいことですよね。ですが、あなたのことを好きになるように、彼に強要することなどできません。

もう、「ダメなものはダメ」と潔く諦めて、現実を受け止めるしかないでしょう。彼に恋愛対象には思われていなくても、嫌われていないのなら、良い友達になれる可能性は十分あります。

せっかく知り合えたのだから、「相手にされないから」という理由で彼との関係を切ってしまわずに、仲良くしておいて損はないはず。

時間が経てば恋心も薄れて、もしかしたら彼から他の交友関係が広がり、素敵な人との出会いが期待できるかもしれませんよ!

 

2:彼にこだわらない



彼があなたに恋していないからといって、別に彼は、故意にあなたを傷つけようなどと思っている訳ではありません。恋心を抱けないのは、単にあなたが、彼にとって好みではなかったというだけのこと。

自分を恋愛対象に捉えてくれないことで、彼を恨んだりしたら、お門違いもイイところです。

あなたに興味を抱いてくれる男性を探せば良いだけの話なので、変に彼にこだわらずに、新しい男性を見つけるようにしましょう。

【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 

3:「他にイイ男が現れる!」と自己暗示にかける

人を好きになったら、「なんとか両想いになりたい」と願うものだし、二人の関係を何とかしたいと必死になってしまうこともありますよね。

しかし、恋って“するものではなく落ちる”もの。

彼が、あなたを恋愛対象としても見ていないのなら、サッサと彼を諦めて、「他にイイ男が現れる!」と自己暗示にかけてみましょう。

世の中の男性は、彼だけではありません。

素敵なシングル男性はごまんといるので、「彼とダメだったということは、他に私を待ってくれている人がいるという意味なんだ!」と信じてみてください。

 

4:彼と距離を置く



「去る者は日々に疎し」とはよく言ったもので、どんなに恋い焦がれていた相手でも、全く連絡を取らずに姿も見ていなかったら、徐々に気持ちが薄れていくものです。

彼に恋愛対象だと思われていないことが分かって、凹んでいるのに彼と顔を合わせるのって辛いですよね。

そんな時は、彼と遭遇しそうな場所に行かないようにしたり、LINEなどでトークをしていたのなら、しばらく距離を置きましょう。

彼への恋心が落ち着いたり、他に気になる人が現れたりして、彼と良い友達になれそうだと思った時に連絡を再開すれば良いのです。

 

いかがでしたか!?

思うように恋が実ることって少ないだけに、できるだけ早く傷心や失恋から上手に回復する方法は、身に着けておいて損はないと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 


新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.