恋愛情報『メール/LINE/SNS…イマドキの女子はどのように恋愛に取り入れてる?』

メール/LINE/SNS…イマドキの女子はどのように恋愛に取り入れてる?

2018年2月13日 12:01
 

関連リンク

・「恋愛偏差値」という言葉をなくせば恋愛はもっとシンプルになる説
・お願いしたらヤれそう!”ビッチ認定”される女子の「NGワード」4つ
・”顔は可愛い”のにな…!男が「残念だな」と思う女性のルックスとは?
メール/LINE/SNS…イマドキの女子はどのように恋愛に取り入れてる?


LINEでのお約束♡

メール/LINE/SNS…イマドキの女子はどのように恋愛に取り入れてる?
JKstock/Shutterstock.com
スマートフォンの普及によってSNSは私達の生活には欠かせないものになりました。

なかでも特に欠かせないコミュニケーションツールとなったのが「LINE」。

手軽で迅速にコミュニケーションを取ることができるのが強みです。

そんなLINEを恋愛に取り入れる時のお約束を見ていきたいと思います。

◎適度な長さを心がけて♪

気軽にテンポよくコミュニケーションを取れるのがLINEの良い所。

だからこそ、長文を送ることは「重い」という印象になってしまいます。

まるで会話をしているかのようにスムーズにやり取りを行うことができるLINEですが、あくまでもサブでのコミュニケーション。

思っていること全部をLINEに詰め込もうとせず、話したいことは実際に会った時にするということを心がけましょう。

◎タイミングを見極める!

いつでもすぐに返事をくれるという印象を与えてしまうと雑に扱われるようになる可能性も…。

返事のタイミングは相手に合わせるようにしましょう。

さらに、マメに連絡することを前提に、「焦らし」を挟んでみてください。

いつもやり取りしている相手からのなかなか返事がこないとなると気になってしまうもの。

気になる彼から来たメッセージにはすぐに対応したくなりますが、たまに優先順位を変えてみるといいかもしれませんね。

◎スタンプの活用方法に注意!

LINEのスタンプには可愛いものからネタ系、便利なものなど多種多様にありますが、スタンプ1つで会話が成立してしまうものを多用すると「面倒くさいのかな?」などとネガティブな印象を与えてしまいがちなので注意したいところです。

関係性が深まってきた相手とのやり取りならあまり気にすることはありませんが、まだ関係性が浅い相手とのLINEでは可愛らしいスタンプを活用していきたいですね♪

SNSでさりげなくアプローチを♡

メール/LINE/SNS…イマドキの女子はどのように恋愛に取り入れてる?
Yellowj/Shutterstock.com
仕事や近況報告などが多くきちんと感のあるFacebookや、ゆるくコミュニケーションが取れるTwitterなど、それぞれの特性を活かした投稿を心がけながらさりげなくアプローチをして、気になる彼との距離を縮めましょう♡

「これって俺のこと?」と思わせるような投稿が効果的です。

例えば、一緒に行ったところや食べたものの写真を「楽しかった♡」などの一言を添えて投稿したり、相手が投稿した話題に対して直接返信するのではなくただの呟きとして「空リプ」するなど間接的にアピ―ルしてみて◎

Facebookでは家庭的な一面が垣間見えるようないい子を演じられる投稿がオススメです。

LINEをあえて使わないカップル急増!

メール/LINE/SNS…イマドキの女子はどのように恋愛に取り入れてる?
Africa Studio/Shutterstock.com
「連絡手段はLINEで」というのが一般的になってきましたが、恋人との会話はメールを使うというカップルが増えてきているのだとか。

その理由は、会話のテンポが速いLINEに比べてメールだとじっくりと時間をかけて返信できるからというもの。

確かにLINEでは、テンポよくやり取りをしていたのにも関わらず返事が途切れた、ずっと未読のまま、既読スルーされた…と、気軽にメッセージを送れて便利な反面悩みの種も多いですよね。

ついつい感情に任せて返事をして喧嘩になってしまったり深く考えずに返事をしてしまったりと、少し味気な印象もあります。

一方でメールの場合は頭で文章を考えてから返事をするのでゆったりペースでやり取りが続きます。

LINEのスピード感や既読機能に振り回されて疲れてきた…というカップルは、メールで何気ない会話を楽しんでみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか?

SNSの普及によりいつでもどこでも誰とでも繋がることができる昨今。

イマドキ女子はSNSを駆使することもモテる女の条件となっているよう。

あくまでもサブでのコミュニケーションツールであるということを忘れずにSNSでのやり取りを楽しんでください♪

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.