恋愛情報『彼に追いかけてもらいたい女性が実は勘違いしていること』

彼に追いかけてもらいたい女性が実は勘違いしていること

2018年4月7日 23:30
 

関連リンク

・諦める必要ナシ!男が「第一印象が悪かった女子」を好きになった瞬間って?
・足元の氷が割れて命の危機!冷静さと判断力が生死を分ける〜「夢を追う男」冒険家、人力車夫・阿部雅龍【木曜インタビュー、ただしイケメンに限る】vol.2
・一緒にいて楽だなぁ…!男が「付き合いたくなる女子」の特徴4つ


「別れて」と言っても彼が追いかけてきてくれるとは思わない

Boiko Olha/shutterstock.com
彼に追いかけてきて欲しい気持ちが空回りしすぎると、本来の気持ちとは、まったく反対方向の態度をとっちゃう時がありませんか?

たとえば、彼と話し合いをしているうちに大喧嘩。

心の中では、ただ彼に追いかけてきて欲しいだけなのに「別れて!」と言っている自分がいる…。

本当に別れたくて別れたいと言っているなら問題ありませんが「別れて(あなたが追いかけてきて)」というニュアンスで伝えている場合、実はとても危険。

彼は、どちらかというと、言葉の通りに解釈する傾向があるはずですから、本気で別れるべきかどうか、考え始めるでしょう。

でも、きっとそんな状態を望んではいなかったはず。

彼に追いかけてきてもらいたい気持ちは分かりますが、あえて真反対なことを言い放って、彼の興味を自分の方向へ向かせないように気をつけて。

■男友達と遊んでも効果はない

nd3000/shutterstock.com
彼が一番。

彼が誰よりも好きなはずなのに、なぜか他の異性と遊び、彼に追いかけてきてもらおうとする人もいます。

たしかに男友達ともデートをしていることで、彼は気がかりな状態にはなるでしょう。

しかし、だからといって、今までのスタイルをいきなり変えようとはしないはず。

彼から追いかけてきてもらいたいなら、男友達と遊ぶというよりも、彼にとっての理想の彼女像に、少しずつ近づく努力が必要なのかもしれません。

そもそも、彼が女友達と遊んでいて、追いかけたいと思いますか?

追いかける、という気持ちよりかは「あの人は、何やっいるんだろう?」とどこか、冷めた気持ちにもなるはずです。

他の異性との話をして、やきもちしてくれるのは、本当に最初のうちだけ。

本気で彼から追いかけてきてほしいなら、もっと違う作戦が必要になりそう!

SNSで彼に向ってアピールしても周りは冷ややか

Thomas Andreas/shutterstock.com
彼に追いかけてきてもらいたい!

ただその一心で行動に移すと、周りから冷たい目でみられる場合もあります。

たとえばSNS

彼が更新するたびに「私が彼女ですよ!」とアピールしている女性がなかにはいます。

きっと彼の投稿にコメントしている女友達に対するちょっとした宣戦布告的要素もあるのでしょう。

SNS上では彼と他人になれ、とまでは言いませんが、彼に対するアピールをSNSでもすると、彼も含め、周りと距離ができてしまいます。

TPOを気にせず、ガツガツすれば、彼は追いかけるどころか、離れたくなるのでは…。

SNSは彼との愛情確認のために行うものではありません。

彼に追いかけてきて欲しいなら、どちらかというと、SNS上でも大人な振る舞いを意識しないと。

■喧嘩中に着信拒否にしたら、そのまま終わる

George Rudy/shutterstock.com

彼と喧嘩をするたびに着信拒否をしちゃったりしませんか?

着信拒否を設定したときは、怒りの感情に支配されていて、本気で別れたいと思っていたのかもしれません。

でも、心のどこかでは彼が別の連絡方法で連絡してきてくれるのを待っている部分もあるでしょう。

優しい彼の場合は、そんな彼女の気持ちを汲んで、わざわざ連絡をしてきてくれますが、全員の男性が同じようにしてくれるとは限りません。

着信拒否をされたら、どんなに「追いかけてきてほしい」という理由であっても、付き合いきれないと判断する人もいます。

彼に追いかけてきてほしい気持ちだけで、行動に移すと、とても危険。

実際に行動に移すときは「本当に大丈夫?」と自分に問いかけたうえで、慎重に行動しなければ!

彼に追いかけてきてもらえる女性は、しっかりしています。
自立もしていて、大人な女性です。

もちろん、感情が高ぶるときはたくさんありますが、怒っている状況でも的確に判断をしているもの。

いきなり、大人な女性の境地になれなくても、意識をするのとしないとでは、状況は変わります。

独りよがりの愛情をぶつけるのは、そろそろ卒業しませんか?

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.