恋愛情報『映画『横道世之介』に学ぶ、“愛されキャラ”になる男の極意』

2013年3月7日 21:00

映画『横道世之介』に学ぶ、“愛されキャラ”になる男の極意

監督は『南極料理人』の沖田修一監督ですね。僕と3歳しか違わないの!?この監督ね、間というか不思議な映像撮る人なんですよ。贅沢というか。1シーンが長いんですよ、雪のキスシーンとか元カノとの階段シーンとか。それがいい凄い。

しかも、タイトルが名前でしょ、映画『利根川建一』でしょ……。誰か僕の……、あれ!?このくだり前にも書いたなぁ。ま、きっと不思議な方なんでしょ。

出演はね、高良健吾さん(横道世之介)にヒロインは吉高由里子さん(与謝野祥子)ね。この配役は抜群!この2人映画『蛇にピアス』でも一緒だった2人でしたね。ま、きっと不思議な方々なんでしょ。脚本が劇団『五反田』主宰の前田司郎さんですね。この劇団も独特のようで、僕の仕事場の隣の席のナツキさんが、この劇団は「世界的なんです!」「国際的なんです!」って云ってましたよ……、同じ意味なんですが(笑)。ま、不思議な方なんです。

ストーリーはですね、主人公はタイトルのまま「横道世之介」なんですよ。彼を中心に、彼の人柄を淡々と彼の周辺の人間模様を淡々と描いていくわけです。贅沢な間と意味深なシーンをちょいちょい含みながらね。

【同級生の恋模様】大学時代の同級生の倉持とあき
【年上女性への恋模様】謎のパーティーガール千春
【同姓愛の恋模様】イケメン加藤
【お嬢様との恋模様】「ごきげんよう♪」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.