恋愛情報『なんて可愛い子なんだろう…!女子が自分を「同性愛者」だと疑った4つの瞬間』

なんて可愛い子なんだろう…!女子が自分を「同性愛者」だと疑った4つの瞬間

2018年2月15日 18:30
 

関連リンク

・出会ったら即逃げて!付き合うと不幸になる「ハズレの男」
・”顔の可愛さ”に甘えるな…!男が考える「性格ブスな女」の特徴
・用がないのにLINEすると「恋愛偏差値45」!? 恋愛力をアップさせる方法を解説
なんて可愛い子なんだろう…!女子が自分を「同性愛者」だと疑った4つの瞬間

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

女性が女性のことを「かわいい」「美しい」と見とれてしまうように、フトした瞬間に同性に対しても「もしかしてこれって恋?」と錯覚してしまうことがあります。
そこで「私って女が好きなのかもしれない」と自分を疑ってしまった瞬間を調査してみました!

●(1)失恋して慰めてもらった時

『5年付き合った彼氏に浮気され、別れました。浮気相手に本気になってしまったよう。男が信じられなくなり、親友の女友達にLINEするとすぐ家まで来てくれ、慰めて抱きしめてくれました。完全に裏切った彼氏よりも親友の胸の中の方が気持ち良くなっていた自分がいました……』(32歳/アパレル)

「もう世界中の男が全員信じられない!」ってぐらいヒドいことをされると、女友達といる方が心地よく感じることも。
男性不信に陥ってしまうと、男性と話していても言葉全てが「下心がある嘘」に聞こえてきてしまいます。
その点、女ならそんな下心もなく、純粋な気持ちで優しさをくれるので信頼関係は男性よりも強いものに。

●(2)見た目が可愛すぎる時

『とにかく可愛すぎる後輩の新人。体の線も細く、真っ白な肌に大きな瞳。その上性格までもよく、傲慢さはゼロでとても素直。女の私から見てもかわいいとしか思えず、つい仕事中もその子を目で追ってしまう』(28歳/メーカー)

花は美しいから心を奪われてしまうように、外見が放つ圧倒的なかわいさや美しさは「同性」であれども、人も魅了する力になります。
「こんなにかわいい子なら女でも、彼女にしてみたい」と思ってしまうもの。

また、性格まで綺麗だったらなおさらですね。
美は性別の垣根を超えて、恋心につながることもあります。

●(3)内面が頼もしすぎる時

『会社でミスって、上司に叱られている時、いつもお世話になっている女の先輩が「でもその件は、○○さんだけの責任ではなく、上からの情報がきちんと伝わってなく……」とフォローをサッと入れてくれた。こわい上司だから他の人は見て見ぬふりをしていたのに。それから一週間、その女の先輩のことばかり頭の中で駆け巡っていた』(24歳/会社員)

見た目は女だけれども、性格が男気溢れる女性はやはり同性でも憧れざるを得ません。特に自分ができないことをササッとこなしたり、仕事でのミスのフォローをいれてくれたり、強さと優しさを兼ね備えた女性は時には男性よりもカッコよく見えてしまう時も。

●(4)どう考えても女子といる方が楽しい時

『男性とのデートは気を遣うし、面倒、と感じてしまう。その点女同士は楽。女だから会話も共感することが多く盛り上がるし、男といるよりずっと楽しい。恋心とは違うのかもしれないけれど、このままずっと女に囲まれて生きていきたいとすら願う』(32歳/美容師)

「男性と一緒にいるのは面倒」と思う気持ちが続くと「自分は女の方が好きなのかも?」と疑ってしまうこともありますよね。
確かに性別が同じもの同士の方が、分かりあえることは多いし、ファッションや美容の話で盛り上がることもできます。
女同士で満たされているのに、なぜ男性が必要なのか?と思ってしまう気持ちも、分からなくもないもの。

----------

「女の方が好きかも」という瞬間は誰にでもあるのかもしれませんね。
でもこの気持ちは一時的なことが多いので、実際にこれが本当の恋につながる可能性は低いと言えましょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.