恋愛情報『#1「金なしヒモ系彼氏」の育て方とは?/ダメンズブリーダー』

#1「金なしヒモ系彼氏」の育て方とは?/ダメンズブリーダー

2018年2月20日 12:00
 

関連リンク

・すぐ好きになっちゃう・・・。「惚れっぽい性格」について知っておきたいこと
・「私、彼の本命じゃない!?」自分が浮気相手、という場合のサイン4つ
・あぁ、永遠に見ていたい♡男の「目を引くモテファッション」4選
#1「金なしヒモ系彼氏」の育て方とは?/ダメンズブリーダー

「好きになった時はこんな人じゃなかったのに」
「いつの間にかデート代は私がだすようになっている」

こんな経験ありませんか?
付き合う前なら気づけていたことでも、好きになってしまうと「嫌われたくない」「必要とされている」と思ってしまうことも。

ちょっと待ってください!!
「私の彼は違う」と思っている人も少し冷静になり、ダメンズチェックして、理想の彼氏にしてみませんか?

金なしヒモ系ダメンズチェック

●(1)ギャンブル大好き

決めた金額だけで楽しむのではなく、生活費に手をつけたりお金を貸した覚えはありませんか?

●(2)デートは2回に一回ファミレスか家ごはん

デートの食事、マンネリ化していませんか?
家ご飯の食材、毎回どちらがお金を払っていますか?

●(3)安い食べ放題が好き

デートの食事は楽しんでいますか?
空腹を満たす目的だけでご飯を食べていませんか?

●(4)未使用のティーパックは持ち帰る

ドリンクバーのティーパック、彼の鞄から大量に出てきたことはありませんか?

●(5)ごはんの際は水しか頼まない

食事中にドリンクバーがないお店でいつも飲み物を頼ませてくれない、なんてことはありませんか?

●(6)会計の際はトイレにこもる

食べ終わるといつもお腹が痛くなる人と付き合っていませんか?
支払ってくれたことにお礼を言ったり、あとで払ってくれたことはありますか?

●(7)クーポン大好き

記念日や誕生日のお店探しにクーポンが使えるお店からの検索しかしないことはありませんか?

上記のチェック項目に3個以上当てはまる彼はダメンズ決定です!
今すぐに対処しないと、どんどんダメンズになってしまい、あなた自身もそれに慣れてダメンズになるよう仕向けてしまっているかもしれません。

金なしヒモ系彼氏」はどうやって生まれるのか?

まず、ダメンズはどうやって生まれるのでしょうか?
これは今までの生活環境や周りの友達や家族の影響が大きいところです。

末っ子で甘やかされて育ってきた、長男で弟や妹に自分は全て正しいと思わせてきた、友達も時間やお金、女性にだらしなかったり……。

共通しているのは、自分は悪いと思っていないことと、自分が大切で相手の気持ちを汲み取ろうとしないことです。「金なしヒモ系彼氏」の育て方

では、そんな金なしヒモ系ダメンズを卒業させるにはどうすればいいのでしょうか?

●(1)おねだりをする

男性は女性が思っているより、繊細で単純です。
褒められれば伸びるし、けなされれば一気にやる気が落ちてしまいます。
頼りにされるのも実は嫌いではありません。

上手に甘えて、まずは小さなものからおねだりしてみましょう。
もし、買ってくれたらいつも以上にリアクションを大きく喜んでお礼を言います。
大げさかな、くらいでも彼は優越感に浸れるので丁度いいのです!

「人に何かをして喜んでもらえるうれしさ」を気づかせるのがダメンズを卒業させる第一歩です。

●(2)お金を渡さない

彼に甘い、あなた自身にも問題があるんです!
うるうるした瞳で「お願い……♡」と言われても、お金を渡さずに断ってますか?

お願いしたら断れない性格に漬け込んでくるのが、金なしヒモ系彼氏。
時には、断ることも優しさです。
彼と会うときは、お財布にお金を入れないと決めておくのもいいかもしれませんね!

●(3)説教する

心を鬼にして怒ることもダメンズを卒業させる重要なポイント!
金なしヒモ系ダメンズは、あなたのことをなんでも許してくれる母性本能あふれる彼女だと思っています。

「働いたらいいんじゃないかな?」「就職したら?」と言われ続けるのは、耳が痛くなるものです。
金なしヒモ系ダメンズには、しつこい位がちょうどいい。
社会に出ていける様、怒ってあげるのも彼のためです!

----------

あなたの彼は大丈夫でしたか?
ダメンズチェックで該当する項目がたくさんなくても、実はダメンズ予備軍は多いんです!
女性が尽くしすぎてダメンズにしてしまう、なんてこともありますから注意が必要……。
彼を変えるのはあなた次第、彼のプライドを傷つけずにダメンズを理想の彼に育てましょう。

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.