恋愛情報『一次会で解散しよっか!男がデート中に”ウンザリ”する女子の行動って?』

一次会で解散しよっか!男がデート中に”ウンザリ”する女子の行動って?

2018年3月27日 22:00
 

関連リンク

・部屋着であなたにぴったりな男性がわかる!部屋着=パジャマの女子にはこんな彼
・”芋”からの卒業2018!モテ顔になれる「垢抜けメイク」のポイントとは?
・彼とのデート中に「愛されてる!」と幸せ気分になっちゃう瞬間5つ
一次会で解散しよっか!男がデート中に”ウンザリ”する女子の行動って?

今日は「デート!」と思うと気合が入るのは男性も同じ。
でも「せっかくのデートなのに……」と、女子の行動にウンザリする時も。
男性をウンザリさせてしまう行動、あなたはしていませんか?

今回は男性がデート中にウンザリする女子の行動をご紹介いたします。

(1)メイク直しが多い

『この前会社の飲み会で知り合った女の子とデートしたのですが、メイク直しの頻度が多くて嫌になりました。初めてのデートだから「話を盛り上げよう」と思って、いろいろと話をするのですが、隙あらばメイク直しに席を立つんですよね。「顏のことはいいから私の話に集中しろ」と言いたくなりました』(27歳/広告)

メイク直しをする女性を見て「女らしい」と最初は許していた男性でも、あまりにも回数が多いとウンザリしてしまいます。

「ちょっとメイク直しに……」と何度も席を立たれると、話の腰を折られてしまって不快な思いをする男性も多いはず。

「車の中ならいいかな……」と思い、男性の車の中でメイク直しをする女性もいます。
もしメイク直しをするのなら、「ちょっとごめんなさい」と鏡をサッと見てリップを軽く塗るか、鏡でチェックをするだけにしておきたいですね。

(2)愚痴が多い

『大学時代の女友達と久々にランチをしました。「最近会ってなかったから、どんな話になるのかな」って思ったら、仕事の愚痴ばかり……。延々と話すだけ話して、私の話はほとんどうなずくだけ。イライラしてしまいました』(25歳/人事)

楽しい話がしたいと思っているのに、愚痴が多い女性を見ると男性はウンザリ。
「愚痴を聞くために俺は呼ばれたのか?」と嫌な思いをさせてしまうのです。

もし愚痴を言うのなら、最後はポジティブな気持ちをちゃんと伝えるようにすれば、内容的に明るいものに変えられるはず。

でも出来るだけ愚痴にならないように、表現の仕方に工夫をしてみると明るい話題になる可能性もあるのです。

落ち込んでいるはずなのに、明るく振舞っている姿を見ると男性は「守ってあげたい!」と思い、「素敵な女性だなぁ」と感動するかもしれません。

(3)心ここにあらずの表情

『この間ちょっと仲良くなった女の子とデートしたのですが、私から話を振っても「うん」とか「そうだねぇ」しか言わない……。顔は常に心ここにあらずって感じだったし、私がなぜ彼女とデートをしているのか不思議になりました。あの娘とは二度とデートしたくないです』(24歳/銀行)

悩み事があるのか、デートがつまらないのか分かりませんが、一緒にいても心ここにあらずの表情をする女性。

「どうすれば、心をこちらに向かせられるのだろう?」と最初は頑張っていた男性も、「どうしてこんなに頑張らないといけないんだろう……」と思い辟易してしまいます。

デートをしているのだから、デートや相手に対して集中するのは相手に対しての最低限のマナー。

「それさえできない」と思うと、デートに誘ったことを男性は後悔をして、二度と誘われなくなるでしょう。

(4)肘をついてご飯を食べる

『バイト先で知り合った女の子と焼き肉デートしたのですが、その娘はご飯を食べるときに常に肘をついていました。論外ですね。食事の際の最低限のマナーですし、呆れてしまいました』(22歳/学生)

女性が肘をついてご飯を食べる姿は、男性にとって見たくないもの。
デートをしている以上は、恋人だと周りに思われる可能性が高いです。

男性の理想は、一緒にいても恥ずかしくない振舞いが出来る女性。
これが「出来ない」と思うと、男性はウンザリして早く帰りたくなってしまうのです。

「食事中に肘をつかないほうがいいよ」と言ってくれる男性もいますよね。
もし言ってくれたのなら、素直に「ごめんなさい、これからは気を付けます」と言えば、男性の機嫌も直るはず。

----------

いかがでしたか。
デートをしているのに、ウンザリした気持ちになんてなりたくないですよね。
でも女性の行動によっては、男性が嫌な思いをしてしまうこともあるのです。
女性は男性が楽しめるデートにするためにも、気を付けて行動をするようにしましょう!

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.