恋愛情報『ビッチの”必殺ワザ”を伝授♡床上手女子がヤっている「達人フェラ」とは』

ビッチの”必殺ワザ”を伝授♡床上手女子がヤっている「達人フェラ」とは

2018年3月28日 00:00
 

目次

・(1)ローリングフェラ
・(2)温冷フェラ
・(3)クランプフェラ
・(4)スネークフェラ
ビッチの”必殺ワザ”を伝授♡床上手女子がヤっている「達人フェラ」とは

「もっと彼を悦ばしたい!」、「フェラがマンネリ化してきた……」という女子必見!
フェラのバリエーションを増やして、彼をもっと気持ち良くさせちゃいましょう。
今回は、床上手女子がヤっている「達人フェラ」を、紹介してきます。

(1)ローリングフェラ

『彼女はよく亀頭の周りをぐるぐると舐めまわすフェラをしてきます。アソコがどんどんギンギンになってきて、めっちゃ興奮しますね』(24歳/アパレル)

ローリングフェラは、2種類の方法があります。

1つ目は、舌を使って、亀頭の周辺をグルグルと回しながら舐めるフェラ。
舌だけを出して回しても良いし、咥えて少し圧をかけながらでもOK
イカせるほどの刺激はないので、彼の興奮を高めるために、フェラの最初にもってくると良いですよ。

2つ目は、咥えて顔を回すようにひねりを入れながらストロークするフェラ。
舌は回さず、裏筋にピッタリくっつけておくこと大事。
1つ目と違い刺激が強くイカせやすいので、フェラの終盤に持ってくると良いですよ。

この2つをいつものフェラに加えるだけでも、かなり魅力的なフェラに変わります。

(2)温冷フェラ

『彼女とエッチ前にふと思いついて実行したのが、温冷フェラでした。口に液体を含んだ状態でフェラされると普段とは違った感じで、気持ちいいです。特に冷たい飲み物だとビクッとしてしまうんですが、感じたことのない感覚なので新鮮で楽しいです』(22歳/学生)

温冷フェラは、その名の通り温めることと冷たくすることを交互にするフェラのこと。
まずは、フェラの前に温かい飲み物と、氷水を用意します。

まず、温かい飲み物を口に含んだままフェラします。
この時、ぬるいと効果があまり感じられず、熱すぎても火傷するので、口に含んで適度な温度にすることが大事。

次に、冷たい飲み物を口に含んだままフェラします。
強い刺激が欲しいという彼には、氷を含んだままでもOK
これを交互にすることで、感じたことのない刺激になるようです。

情熱的なエッチも良いですが、たまには遊び心のあるエッチも刺激的です。

(3)クランプフェラ

『彼女のフェラはちょっと変わっていて唇を多用します。亀頭を唇で甘噛みしながら、先っぽを舐めるんです。咥えこまれるよりも、繊細に舐められている感じがとても気持ちいいですね』(27歳/保険)

クランプフェラは、咥えた時に唇で強弱をつけるフェラ。
バキュームフェラのように、彼のモノ全体に圧をかけるのではなく、唇の締め付けで強弱をつけるやり方です。
唇で甘噛みするように、食べるようなイメージ。

この時、舌は自由に動かしてOK
最初はまったく舌を付けないで、クランプフェラだけをして、クランプ部分に神経を集中させて、しばらくして舌を加えれば興奮度もアップ。

ただし、歯が当たりやすいフェラなので、唇で歯をガードしながらすると良いですよ。

(4)スネークフェラ

『彼女の蛇が這うようなフェラはとても官能的で見ているだけで大興奮します。亀頭の先端部を中心に攻めてくるのですが、もう破裂しそうなほどアソコがビンビンになってしまいます。最高です』(29歳/銀行)

スネークフェラは、その名の通り、蛇のように舌を動かして舐めるフェラのこと。
主に、先端部分に使います。
亀頭や割れ目、カリ部分をチロチロと舐めていきます。

見た目がエロティックなことが必要なフェラのため、舌を伸ばしたり、少ししか出さかったりと、見え方を気にしながらすることが大事。
亀頭部分は特に敏感なので、しっかり唾液をつけることが必要です。

フェラの最初にすると、視覚的興奮もあるのでエロさが倍増。
焦らしテクとして使うのも良いですね。

----------

お付き合い最初の頃の「達人フェラ」を披露すると、遊んでそうと思われる可能性もあるのであまりおススメできません。
徐々に、テクニックを披露することがベスト!
エッチをマンネリ化させないためにも、「達人フェラ」を習得して、彼をもっと悦ばせて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.