恋愛情報『独りよがりなエッチだなぁ…!男が「責められすぎると嫌な部位」とは?』

独りよがりなエッチだなぁ…!男が「責められすぎると嫌な部位」とは?

2018年3月29日 00:00
 

目次

・(1)耳
・(2)乳首
・(3)先っぽ
・(4)アナル
独りよがりなエッチだなぁ…!男が「責められすぎると嫌な部位」とは?

彼をもっと感じさせようと執拗に責めている部位ありませんか?
もしかすると、彼はソレ嫌がっているかもしれませんよ。
今回は、男が責められすぎると嫌な部位を紹介していきます。

(1)耳

『耳から聞こえる雑音はなんだ……?あ、舐めているのか……耳障り』(33歳/公務員)

耳が性感帯の男性は多いです。
しかし、くすぐったいと感じる男性も多いもの。
必要以上に責めて感じる男性もいますが、止めて欲しいと感じる場合も……。

エッチな気分を高めるために、少し舐めたり耳元で囁いたりするのはOKですが、嫌がっている場合、責めすぎるのは禁物。
また、唾液で耳がグチョグチョになるのを嫌う男性もいるので、耳の穴まで舐めすぎないようにしましょう。

敏感な男性は特にくすぐったく感じるので、最初は耳にキスして、彼の反応を確かめて下さいね。

(2)乳首

『お前の舌で、乳首ドリルすなぁ~』(30歳/運送)

乳首も性感帯だという男性は多いです。
しかし、あまり感じない男性がいるのも事実。
また、耳同様くすぐったく感じる男性もいるので、最初は我慢していても徐々に嫌な気持ちになることも……。

感じない部分を責め続けても、気持ちはクールダウンするばかりです。
彼の反応がない場合は、早めに切り上げるほうが無難。

ただ、あまり乳首を感じない男性でも、女性が乳首を舐める姿は視覚的にエロく感じます。
感覚的には感じなくても、視覚的に興奮が増すので、愛撫するのはOKですが、責めすぎることがNGです。

(3)先っぽ

『お前、ソーセージの先っぽだけ食べるやついるか?ちゃんとある程度口に入れるやろ。私のソーセージもしっかりと食べて下さい』(30歳/人材紹介)

彼のモノの先っぽ部分、亀頭や尿道口は性感帯の一つ。
しかし、尿道口は痛いと感じることがあります。
優しく愛撫するにはいいですが、舌先で責めすぎるとピリピリとした刺激が苦手という男性も……。

また、亀頭は男性のほとんどが感じますが、執拗に責められ続けると気持ちいいというよりムズムズした感覚に…。
Mっ気のある男性には、このムズムズ感が堪らない人もいますが、普通の男性であれば「早く竿をシゴいてくれ!」となります。

先っぽを舐めていても、手では竿を刺激するなど、彼のモノは全体的に愛撫するほうが喜ばれます。

(4)アナル

『やめろぉぉぉ!!!俺はホモじゃないんだぁぁぁ!!』(24歳/大学院生)

男性には前立腺があり、アナルを刺激すると前立腺が刺激され気持ちよくなります。
しかし、アナルを責められるのは嫌という男性は多いです。
確実に性感帯であっても、羞恥心やいつもとは違う感覚に戸惑います。

男性から頼まれない限りは責めないほうが良い部位。
ただし、アナルに指を入れたりはNGだけど、舐めたり触ったりはアリという男性もいます。
フェラする時に、少し愛撫してみて彼が嫌がらないのであればOKです。

----------

お互いの性感帯を探すことも、エッチのコミュニケーションの一つ。
人それぞれ性感帯も好みも違うので、マニュアルに沿った思い込みの愛撫をしていると、彼女とのエッチが楽しくないものに……。
彼の反応を良く見ること、そして分からない時は彼に聞くようにしながら、二人でエッチを楽しんで下さいね。

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.