恋愛情報『ギラギラしすぎだよ!空回り女子の「頑張りすぎメイク」4選』

ギラギラしすぎだよ!空回り女子の「頑張りすぎメイク」4選

2018年3月29日 07:00
 

目次

・(1)斜めチーク
・(2)黒アイライナー
・(3)凛々しすぎる眉毛
・(4)ギラギラシャドウ
ギラギラしすぎだよ!空回り女子の「頑張りすぎメイク」4選

新しい生活のスタートはメイクも気合いを入れておきたいもの。
しかし、頑張りすぎて本来理想としているメイクとかけ離れてしまったり、今どきなメイクが上手に取り入れられなかったりするととても残念ですよね。
今回は、よく勘違いされがちな頑張りすぎメイクについて見ていきましょう。

(1)斜めチーク

『斜めにチークいれすぎて、頬コケて骸骨みたいになってるよ?』(34歳/飲食)

自分の母親がお化粧でチークを入れる際、ブラシを使って斜めに色を入れている光景を目にしている人が多くいるでしょうが、
斜めチークは時代遅れ。

最近のチークは色味を淡めにしておくことと、頬骨にポンポンと置く方法が効果的です。
ブラシではなくパフや指で、自分の顔の形に合わせて塗り方を変えるのがポイントです。

(2)黒アイライナー

『パンダかとおもったわ!!動物園デート行くんじゃなかった。やりすぎてて、真っ黒になってて笹生える』(21歳/大学生)

目力をアップさせることができるアイライナーは、韓国風メイクには今でも欠かせないアイテムではありますが、近ごろ国内ではどちらかといえばラインをはっきりさせないメイクが注目されています。

目の印象が薄くて黒いアイライナーを、これからも取り入れたいという人も引く部分を工夫するなどして、目全体を縁取らない様にしましょう。
まつ毛の間を埋める程度が理想的ですよ。

(3)凛々しすぎる眉毛

『なんか、眉毛の主張が激しすぎて、漫画の某キャラと同じくらいだわ』(24歳/自営業)

眉毛に自信がない人程、人より時間をかけてお手入れしたりしますが、しっかりくっきりとした凛々しすぎる眉毛はいじりすぎと思われてしまいがち。
特に最近は丸っこい形や太め、たれ気味な眉が流行っていたりするので、きりっとした凛々しい眉毛は時代遅れと捉えられてしまいます。

眉毛は自分の眉に書き足しながら不自然にならない量と形を描き上げると自然で頑張りすぎな印象になりませんよ。

(4)ギラギラシャドウ

『ギラギラで太陽より眩しいゼ!!』(27歳/美容師)

ナチュラルメイクやすっぴん風が注目されている近頃では、アイメイクを素朴だけど美しく仕上げるのがポイントですが、いまだにラメギラギラなアイシャドウを取り入れている人を見かけたりします。普段のメイクに取り入れるのは、お洒落を通り越してちょっぴり頑張っている感が出すぎているように見えてしまうこともありますよ。
手元に残ったアイシャドウを使用する際は、パーティーシーンなどでいつもと違う雰囲気に仕上げたい時にアクセントと乗せる程度で取り入れてみましょう。

----------

いつも通りでやりやすかったメイクも時には、しっかり見直すことも大切。
自分が気づいていない間に、メイクの流行が過ぎ去っていることもあるんです。
頑張りすぎて残念なメイクだと認定される前に普段から流行りのメイクをしっかり抑えて日々研究しておきましょうね。

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.