恋愛情報『”イケメン”は正義!”顔”から入る「面食い女子」が正しい理由とは』

2018年4月1日 21:00

”イケメン”は正義!”顔”から入る「面食い女子」が正しい理由とは

目次

・(1)顔は単なるきっかけに過ぎない
・(2)誰だってなるべくかっこいい人と付き合いたい
・(3)顔が好きな人と付き合うと愛情が持続しやすい
”イケメン”は正義!”顔”から入る「面食い女子」が正しい理由とは

どうも!ブスな自分を棚に上げて男を顔で選ぶおかめ微々ちゃんです。

「人は見た目じゃない」「顔より中身を見るべき」という言葉をよく聞く。
おっしゃる通り、その通りです。

……が、そんなことを言われても顔が好きじゃないと中身を知ろうと思えなくないですか?
そして顔が良い人が中身も良かったら最強じゃないですか?顔が好きで何が悪いんですか!?
ということで、「顔を好きになるのは全然悪いことじゃない」と思う根拠をまとめてみた。

(1)顔は単なるきっかけに過ぎない

「人は見た目が9割」という言葉があります。
これは「メラビアンの法則」に基づいたもので、顔やスタイル、声や話し方だけで9割の印象が決まってしまうという考え方。
残りの1割は内面です。

そう、どんなに中身がよくてもそれを知ってもらうきっかけがないと、恋愛に発展するのは難しい。

私もこの法則の通り、最初に良いなと思えなかった相手をその後自分から好きになることはない(許容範囲内の見た目であれば、猛アタックによって落ちる可能性はある)。
単なる友達なら顔が好みじゃなくても全然OKだけど、異性と思えないくらいガチで仲の良い友達になってしまったら、もうそのラインを超えて好きになるのは難しい。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.