恋愛情報『「ちょいブスなのにモテる女」のひみつを伝授♡私もイケメン彼をちらつかせたい…!』

「ちょいブスなのにモテる女」のひみつを伝授♡私もイケメン彼をちらつかせたい…!

2018年4月4日 19:30
 

関連リンク

・底なしの「自分磨き沼」。幸せになりたいなら、早く気づいて!
・将来有望!インテリ男子を落とすコツとは?
・片想い真っ最中のデートでは、いつもと違った踏ん張りを!
「ちょいブスなのにモテる女」のひみつを伝授♡私もイケメン彼をちらつかせたい…!

最もモテるのは、ちょいブスと言っても過言ではありません。

失礼ながら、街で見かけるイケメンと一緒に歩いているその彼女……あんまり可愛くない!と思った方はいませんか?
ドラマや漫画のように美男美女のカップルは実際には少なく、何故かイケメンには決して美人ではないんだけど、なんか可愛いかも?という「ちょいブス」な子が好かれるのです。

今回は、そんなイケメンを釣り上げる「ちょいブス女子」が好かれる4つの秘密を紹介します。

(1)スタイルがいい

『顏がそこまで良くないけど、イイ体してるなぁなんて思わず見とれちゃいますよね。すっごい美人でも、なんか体のアンバランス感があると、こう正直グッとくることはないですね』(33歳/美容師)

正直なところ、顔は生まれもったものです。
メイクである程度誤魔化せても、やはり本当の美人に顔では敵いません。
しかしスタイルは努力次第で変えられます。

ちょいブスだけどモテるという女性達は、ダイエットや自分磨きを怠らないのです。
顔では勝負できないなら、スタイルで勝負……!
「水着や下着姿になった時、想像以上にいい身体をしていてドキッとした」という男性も多いそう。
普段は地味に見えていたのに凄くスタイルが良かった!と良い意味で期待を裏切るのです。

(2)気が利く

『顏はなんかパッとしないんだけど、なんか優しいなぁだったりすると、次第になんか惹かれていくんですよね』(25歳/都市開発)

あまりにも美人だと、「俺とは釣り合わないかも……」と男性に敬遠されがちだったり、ずっとちやほやされてきた子が多いため、なんとなく会話がその女性のペースになったりします。
しかし、男性に好かれるちょいブス女子は気が効くうえに空気を読むのが上手なのです。

人が嫌がる仕事を「やっておいたよ」と笑顔で言えたり、男性の話を聞きながら、「さすが○○くん!そういえば他の部署の部長も○○くんのそういうところ褒めてたよ」と、さりげなく持ち上げて良い気分にさせてあげることができます。
大げさにアピールをするのわけではなく、自然と「この子いつも気が効くよな」と思わせているのです。

(3)明るい

『自分の事をなんかモテる美人ですからみたいなオーラ出していないで、むしろ自虐するところに好感。自分の弱点をさらけ出しているにかかわらず、明るく笑顔で暴露していく姿が話していて楽しくなってしまいます』(32歳/銀行)

愛嬌があるというのもちょいブス女子の欠かせない特徴。
美人でも常にムスッとしている女性には男性達も近寄りがたいもの。
いつもニコニコしていて、その場にいるだけで和むようなムードメーカー的存在になれるのがちょいブス女子 です。

さらに聞き上手であれば男性のハートを掴むのも簡単!
「うんうん!それでどうなったの?」と、あなたともっと話したいの!という気持ちがこもった笑顔に、男性は「何かこいつ可愛いかも」と思ってしまいます 。
自分の失敗談も笑い飛ばせるような、前向きな明るさを持っている女性は魅力的ですよね。

(4)ボディタッチがうまい

『露骨なボディタッチじゃなくて、こうなんでもない時にパッと触れてくるところにグッときます』(25歳/企画運営)

もとより、ちょいブス女子はあのイケメンを落とそう!とはなから狙っているわけではありません。
だからこそ、スッとイケメンのふところに入ることができます。
「おはよう!」と声をかける時にボディタッチをしたり、飲み会で隣になった時にちょっと肩が触れるなど、「これって俺のこと狙ってるのか?そうじゃないのか?」とそのギリギリのラインで男性を惑わせるのです。

----------

私は可愛くないから、と諦めていてはせっかくのあなたの魅力をイケメンに気づいてもらえないかもしれません。
「美人は三日で飽きる」という言葉もあるように、長く付き合っていけるのは心も美しい女性なのです。
外見ばかりにとらわれず、内面も可愛く美しくなっていけると良いですね!

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.