恋愛情報『ハイスペ男子をメロメロに!女子が「恋愛偏差値」を上げる秘密のテクとは?』

ハイスペ男子をメロメロに!女子が「恋愛偏差値」を上げる秘密のテクとは?

2018年4月8日 21:06
 

関連リンク

・友達の紹介から恋人に発展するための3つのポイントとは?
・「恋愛革命」が起きるランキング2位は蟹座 1位は…
・美輪明宏「酷い恋人(相手)をお持ちの貴方へ」
ハイスペ男子をメロメロに!女子が「恋愛偏差値」を上げる秘密のテクとは?

始めまして!隠遁人妻26歳です。
私は現在、アラサーのおっとりした旦那と平和にのんびり暮らしている普通の人妻です。
Twitterでつらつら恋愛の事を呟いていたことがきっかけで恋愛の記事を書くことになりました(よかったら見てやってください^^)。

さて本題!今回は無理めな男子を振り向かせる方法を教えます。
いきなり結論から言います!

「恋愛偏差値」をあげてください。

はい。

無理めな男を振り向かせるには後にも先にもこれ以外ありません。
みんな恋愛となると自分が下から数えて10番目くらいなのになぜかハイスぺ男子ばかりに目がいきますね。
全員が全員東大に入れるわけではないですよね?恋愛もそれと一緒。

恋愛は等価交換が原則なので、同じレベル同士の異性でないとそもそも交際には発展しません。
無理めな彼と付き合いたいならば、彼のレベルまで自分が上がるしか方法はありません。

「え?じゃどーやってあげればいいの??」というあなたのためにポイントを3つ教えます。

(1)見た目を10人中7人はかわいいと思うレベルにする

女は中身!なんて言葉がありますが……結局は見た目です。
やっぱり男子は可愛い女の子が好きですし、見た目の重要度は女性より男性の方が遥かに上です。

ただし、ここでは「めっちゃ美人!」「モデルみたい!」のレベルは目指さなくて良いので、とりあえずアイプチやカラコン、つけまで目を盛って今どき風のちょい可愛ギャルを目指して下さい。
髪型もふんわりとした茶色のセミロングくらいで、適度にすいている感じにしましょう。

要は、地下アイドルのちょい下くらいのレベルで十分です。
これくらいの見た目であれば初っ端アウトオブ眼中になることはないかと思います。

見た目はエントリーシートの写真みたいなものだと思ってください。
足切りされない事が重要です。

(2)とにかく彼の異性の親友ポジションを獲りに行く

見た目審査を通過したら、次は中身です。
ここでは、なんとなく彼にくっついている金魚の糞的な女友達ではなく、あくまで親友ポジションを目指してください。

彼の事を骨の髄まで知り尽くし、彼以上に彼を理解し、考え方や価値観に共感して絶妙なツッコみを入れられる。ちょっと悩み相談したいなぁと思ったら、誰より先に彼の頭の中に名前が浮かび、「今日飲み行かない?」と気軽にラインが来る女の子です。
そのポジションを獲りにいきましょう。

親友であるという事は、彼と恋愛ヒエラルキー(注1)が同階層であるということです。
同階層ということはレベルが釣り合っていますので、ここまでいけば、ほぼ9割振り向いているも同然です。

後は……最後の一押し。

(注1)恋愛ヒエラルキー:すごくモテる人を頂点として、下にいくほどモテない人になるピタミッド型の恋愛階級制

(3)夜2人で飲みに行き彼と一緒に朝を迎える

見た目もOK、親友ポジションも獲れた!という段階はもう王手ですね。
いつ付き合ってもおかしくない段階かと思います。

ここまで来たら後は2人で夜飲みに行き、そのまま彼の家で宅飲みをしましょう。
ここで重要なポイントですが、体だけは死守してください。
一度男女の関係になった場合、男性の好意レベルは下がり、女性の好意レベルは上がるという反比例の関係になります。

なので、ここではあくまで「あれ?今まで一番仲の良い親友だと思っていたけど…いつの間にかこいつの事好きになってたかも……」と彼に意識させるだけに留めましょう。
そうすることで、あなたに対しての関わり方が変わってきます。

ちょっとドキッとさせる要素を入れる事により、今までの関係に良い緊張感を入れて男女の関係を予感させます。
その上で、「でも、私たちこれからも友達だよね?(念押し)」をあえてわざとらしくしてください。
男は逃げる女を追いたくなるものです(笑)

はい。
この段階まできた方。

おめでとうございます。

1週間以内に「……俺好きかも」の一言が待っていることでしょう。

----------

いかがですか?ポイントは3つですが、これを1度で簡単に出来るなんて事は早々ありません。
何より場数が大事です。
この記事を読んだ方は今すぐ行動してください。

●ライター/隠遁人妻(ライター/恋愛コンサル)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.