恋愛情報『自分の顔を鏡で見てきたら?「自称いい女」の”勘違いブス仕草”4つ』

自分の顔を鏡で見てきたら?「自称いい女」の”勘違いブス仕草”4つ

2018年4月10日 20:07
 

関連リンク

・マジLOVE5000%…♡男が「魅力的だな…」と思う彼女の特徴4つ
・夫の浮気を疑い始めたら?証拠を掴みたい妻がしてはいけないこと
・どうして見ちゃうんだろう♡男性が好む「ムラかわ女子」の特徴とは
自分の顔を鏡で見てきたら?「自称いい女」の”勘違いブス仕草”4つ

「アイツ、マジでダメ。私に釣り合ってないし」
カフェなどでこんな声が聞こえてきた時、声のする方を振り返ると、「は?」と思いたくなる、観違いブスがたまにいます。

自分に利害の無い人であれば別ですが、問題はもしかしたら自分がその勘違いブスなのかもしれない、ということです。
今回、ここでは「自称いい女」の勘違いブス行動を4つ紹介します。

(1)SNSで男をマウンティング

『尻軽なホイホイついていくのは、馬鹿!ブスだからSNSでしか生きれないってこと』(23歳/学生)
SNSなどを頻繁にあげるのは多くの女性たちが日夜していることですが、そこで「東大卒のおぼっちゃんに乗り換えた!慶応は無いわ~」など、男をマウンティングしている女性がいます。

明らかに、勘違いブスであることは明白であり、見ている方もほとんど無視していると気付いた方が良いでしょう。
それに反応しマウンティングに参加するなど、愚の骨頂です。

(2)お世辞を本気で受け取って周囲に言いふらす

『なんでもポジティブに受け止めるのは、完全に勘違いブス』(27歳/金融)
「芸能人かと思っちゃった」など、適当なお世辞を真に受ける人は、勘違いブスの可能性大です。

ありがとう、で済ますことができず、周囲に言いふらしたり、挙げ句の果てには自分のアップの顔を使ってSNSに投稿するなどしたら、痛過ぎて画面を割りたくなってしまいます。
くれぐれも調子に乗らないようにしましょう。

(3)自称インフルエンサー

『私、流行に敏感ですけど何か?って女ほどデブス!』(27歳/芸人)
SNSなどをはじめ、自分が目をつけていた店が流行ったとか、商品が大人気になったとか、そういった自称インフルエンサー的要素が自分にあるという人も勘違いブスには多くいます。
仲間内だけで、ギャグ的に言っているのであればいいですが、それを本気で外に発信してしまう、その神経が理解されません。

誰も、その人の発信に興味を持っていないのにも関わらず、全て自分の手柄のように言う女性はかなり問題となるでしょう。

(4)イケメン以外無理

『自分の顔見ろや。煎餅かって言うくらいつぶれとるやないかい!』(26歳/ディレクター)

自称イイ女の勘違いブス行動の定番中の定番ですが、やはり色褪せることなく「イケメン以外無理」という発言です。
自分のことは棚に上げておき、相手がどういったレベルであるか、ということばかりを考えている女性は傍から見ていて、気分が悪くなる以外の感情を与えません。

そもそも、自分を鏡で見たことがあるのか?と、誰もが言いたくなるくらいなのに、男性のビジュアルにいちゃもんをつけるという、小学生のような発想こそ、勘違いブス認定行動です。

----------

今回、「自称いい女」の勘違いブス行動を4つ紹介。
勘違いブス女はひとりで暴走していれば誰も文句を言わないのですが、周囲をとても嫌な気分にさせるため、問題視されています。
ぜひ、自分の行動が当てはまっていなかったか、胸に手を当てて確認しておいてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.