恋愛情報『いつまで”冬気分”なの?男性が思う「季節感のない春メイク」とは』

いつまで”冬気分”なの?男性が思う「季節感のない春メイク」とは

2018年4月13日 08:15
 

関連リンク

・まさに”ナチュかわ”…♡メイクしてる感が出ない「すっぴん風メイク」4選
・【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(6)
・”ゾンビ”かと思ったアルヨ!男が恐怖を感じる「怖メイク」4つ
いつまで”冬気分”なの?男性が思う「季節感のない春メイク」とは

暖かい季節になると気分もファッションも明るくなりますよね。
メイクも春っぽくしたいと思う方が多いのではないでしょうか?
ですが、メイクは無理に春らしくしてしまって自分の肌の色に合わないと若作りしている印象になってしまいます。

季節感のないメイクでも、無理なく春ファッションに合わせやすいメイクがあるんです。
そんな季節感がないメイクの特徴をいくつかご紹介します。

(1)ボルドーシャドウ

『濃ゆい目元が重い……!せめて薄くしよう?』(24歳/美容師)

大人の女性に似合う色といえばボルドーです。
ボルドーと言うと濃くてケバイ印象があるかもしれません。
ですが、そのぶんボルドーは深みのある色とも言えます。

アイシャドウとして薄く塗れば仕事やフォーマルなときでも華やかさを取り入れることができます。
さらに、濃い目に目尻に入れればポイントメイクとして春のファッションを引き締めてくれます。

(2)マットリップ

『くっきりすぎるリップは、さすがに違うでしょ!せめてウルウルさせてーや』(28歳/不動産)

唇にグロスを塗り、春の日に照らされ唇がキラキラウルウルさせるのもいいですが、あえてマットリップを使うのもおすすめです。
春になりファッションが明るめなので、季節感のないマットリップを使用することにより全体をバランスよくまとめてくれます。
さらにそれと同時に、大人の女性としての品のよさも出すことが出来るんです。

(3)ボリュームマスカラ

『ぼっさぼさのまつ毛見ると、なにがあったのかなと思う』(25歳/人材)

10代の頃は、目が大きく見えるようにマスカラは繊維たっぷりでフサフサとした束感を重視していませんでしたか?
年齢を重ねていくと目を大きく見せることよりも、雰囲気や印象を大事にすることが多くなります。
そうなるとボリュームマスカラよりロングマスカラのほうがおすすめです。

元々の1本1本のまつ毛をしっかり長く見せることができます。
束感はありませんが、まつ毛が長くなるので目元の印象が薄くなることもなく、季節関係なくオールシーズン使えるアイテムです。

(4)チーク

『チークは女性らしさを出すポイント。春らしいのはふんわりしたイメージなんだけどな』(28歳/アパレル)

チークの役目は頬に赤みを入れ可愛い雰囲気を作りだしたり、男性の前で照れている雰囲気を与えることだけだと思っていませんか?
若いころより大人になってからのほうがチークは必須アイテムかも。

チークは仕事での疲労感やくすみなどをカバーし血色感を与えてくれます。
さらにチークの入れ方によって、シェーディングの効果も期待できてしまうんです。

----------

春の季節感のないメイクをご紹介しました。
季節感がないということは、オールシーズンを通して使えるアイテムということです。
ぜひ一度、これを機に試してみてはいかがでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.