恋愛情報『いい加減気づけよ…!男が別れたい時に送る「冷めたLINE」4つ』

いい加減気づけよ…!男が別れたい時に送る「冷めたLINE」4つ

2018年5月17日 22:00
 

目次

・(1)仕事を言い訳にする
・(2)スタンプで会話を終わらせる
・(3)返事がいつも一言
・(4)すぐに話を替える
いい加減気づけよ…!男が別れたい時に送る「冷めたLINE」4つ

男は別れたい時にサインとして、冷めたLINEを送ることがあります。
この内容はもしかしたら……と不安になるかもしれません。

どのような内容なのかについて、見ていきましょう。

(1)仕事を言い訳にする

『言い訳を考えるのが面倒だから、会いたくない時はとりあえず仕事を言い訳にしています』(27歳/サービス)

返信ができなかった理由、会えない理由などについて、いつも仕事を原因にするようになると、相手の女性に冷めている可能性が高いです。

具体的な理由があったとしても、説明をして理解してもらおうとは思わないのでしょう。
理解をしてもらいたい相手になら、もっとちゃんと説明しますよね。

「仕事だから」と一言LINEで送り済ませようとするのなら、相手の女性に対しての想いが冷めていると思っても良いでしょう。

(2)スタンプで会話を終わらせる

『はい終了の時の合図をスタンプにしています』(24歳/金融)

スタンプを使うのは良いのですが、会話の終わりにスタンプを送るのは「ここで会話終了」のサインでもあるのです。

この後に、スタンプについて更にメッセージを送ると相手の男性を不快にさせてしまうので、やめておきましょう。
もし送るのなら自分にとってお気に入りのスタンプを1つ送るだけに。

まだやりとりの途中なのにスタンプを送ってくる男は、早く会話を切り上げたい思いを強く持っているのです。
こういう相手に対しては、こちらから「じゃあこのへんで」と切り上げるようにしたいですね。

自分のペースでやりとりをしたいと思う男性にとっては拍子抜けをしてしまい、逆に女性に興味を持ってくるかもしれません。

(3)返事がいつも一言

『一言しか返さなくても既読無視よりマシだろって感じです』(30歳/金融)

「うん」「そうだよ」のように、こちらはもっと長く文章を書いているのに、一言しか返事を書いてこない男の心理は「この女とのLINEが面倒」というもの。

相手の女性に気に入られたい、もっと好かれたいと思ったら少し長い文章を書こうとするでしょう。
でも冷めている相手に対しては、一言返事を送れば十分だろうと思っているのです。以前までは一言の返事ではなかったのに、最近いつも一言で返してくるとしたら別れたいというサインかも。

(4)すぐに話を替える

『俺のペースでいいやと思う相手はある意味楽ですが愛情はありません』(26歳/証券)

女性からの話題を出して、その話で盛り上がろうとしているのに、いつも男のほうから違う話題を出してくるのは、ストレス解消をしたいから。
女性の出してきた話題に興味がないのは、その女性に対しての興味がない可能性があります。

興味のある女性からの話題なら、男性は多少つまらないと思っても乗るようにするはず。
でも自分の話題を出して女性の話題を替えようとするのは、「俺の話を聞け!」という傲慢な思いがあるからなのです。

----------

冷めたLINEに対しては、読んでいても嫌な気持ちになりますよね。
LINEが来た!と思っても以前のように喜べなくなってしまうもの。

別れのサインを小出しにされるよりも、一度じっくり話して今後の二人の付き合いをどうするか決めた方がいいかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.