恋愛情報『これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?』

2019年1月13日 07:00

これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?

目次

・(1)単色コーデはわざがいる
・(2)2色使いのコツ
・(3)バランスが必要な3色コーデ
・(4)ゴールドとシルバーの使い方
これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?

一つひとつのアイテムは素敵なのに、コーデがダサい……と思う女性っていませんか。
もしかしたら、それは合わせる色の組み合わせが悪いからかもしれません。
ちょっとしたコツを知っておくだけで、コーデが一段を変わることもあります。
今回は、コーデで「最悪な色の組み合わせ」をご紹介します。

(1)単色コーデはわざがいる

『全て黒で統一している子がいたけど、もはやお葬式かと思った』(28歳/証券)

単色コーデなら、失敗することはないだろう、と思う女性もいるかもしれません。
しかし、単色コーデこそ、ちょっとしたわざがいることもあります。

例えば、単色のワンピース。
それだけだと、ポイントがなく、インパクトに欠けます。
単色コーデのときは、小物やアクセでコーデにポイントをいれましょう。

(2)2色使いのコツ

『緑に赤のスカートを履いている人がいて、今日はクリスマスなのかと思ったことがある』(30歳/営業)

ほとんどのコーデで多いのが、2色使いでしょう。
しかし、その2色を選ぶときも、どの色を組み合わせるかがポイントになってきます。

2色同士、相性の悪い色合いというものがあるもの。
ネットで、「色の相性チャート」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.