恋愛情報『10歳見え……“実は”「老け見えする」コーデの特徴とは?』

2019年5月20日 22:00

10歳見え……“実は”「老け見えする」コーデの特徴とは?

目次

・(1)ベージュや黒などの地味な色だけコーデ
・(2)アニマル柄が全面に出た派手コーデ
・(3)柄が強すぎる花柄コーデ
・(4)ジーパンにGジャンコーデ
10歳見え……“実は”「老け見えする」コーデの特徴とは?

流行りにのらないで、自分らしいコーデでデートに行きたい。
そんな女性も多くいると思います。

しかし、コーデを間違えると、10歳も老けて見られてしまうことも……。
そこで今回は実は老け見えするコーデの特徴を4つご紹介します。

(1)ベージュや黒などの地味な色だけコーデ

『おとなしすぎるというか老けて見えるというか……』(25歳/飲食)

ベージュや黒、灰色などの落ち着いた色を単体で使うと、地味な色のコーデと思われてしまう可能性があります。

最近はモノトーンコーデが流行っていますが、男性にとってはなかなか理解不能。
そして、モノトーンコーデをうまく決めるには、小物をうまく使う必要があるので、ちょっぴり難しいです。

なので、ベージュや黒などだけのコーデにならないように気を付けて、その季節にあった色合いのものを合わせていけるといいですね。

(2)アニマル柄が全面に出た派手コーデ

『どうしてもチャキチャキのおばちゃんが脳裏によぎる』(30歳/商社)

アニマル柄が全面に出ている派手なコーデは、男性から見たら「大阪のおばちゃん?」となってしまいます。

また、アニマルコーデは男性的には「怖い」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.