恋愛情報『梅雨時期は気をつけて【要注意!】雨の日には避けたい!水濡れNGなファッションまとめ』

2019年5月21日 06:30

梅雨時期は気をつけて【要注意!】雨の日には避けたい!水濡れNGなファッションまとめ

目次

・(1)透け感のある素材
・(2)ボトムスの丈が長め
・(3)革製品
・(4)デニム生地
梅雨時期は気をつけて【要注意!】雨の日には避けたい!水濡れNGなファッションまとめ

雨の日は、濡れない服装や不快にならないコーデを考えますよね。
それ以外にも、雨に濡れるとNGなアイテムがあります。

そこで今回は、雨の日には避けたい!水濡れNGなファッションを、紹介していきます。

(1)透け感のある素材

『雨に濡れて透けていると、みっともない』(31歳/営業)

雨の日は、どんなに避けていても服が雨に濡れますよね。
服が雨に濡れると、肌に張りついたり透けたりし、体の線が見えてしまいます。

とくにシースルーやシフォンなどの透け感がある素材は、濡れることで余計に透け感が増すもの。
雨の日は、透け感のある素材は避けたほうが無難です。

(2)ボトムスの丈が長め

『裾が濡れていると、汚い印象になる』(25歳/商社)

ロングスカートや長め丈のパンツも、雨の日は避けたほうがいいアイテム。
どんなに気をつけていても、水に濡れたり泥はねをしたりし、裾が汚れてしまうもの。

シミになり汚い印象になるので、裾は短めにしましょう。
とくに白いボトムスは余計に汚れが目立つので、雨の日のボトムスはダークカラーを選ぶといいですよ。

(3)革製品

『僕もやってしまった経験があるけど、革製品はシミになったりするからNG』(30歳/金融)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.