恋愛情報『【男のホンネ】好きな相手とのLINEなのに「短文で返す理由」って?』

2019年6月20日 21:30

【男のホンネ】好きな相手とのLINEなのに「短文で返す理由」って?

目次

・(1)待たせるのが悪いから
・(2)短い方がわかりやすくていいから
・(3)電話で細かいことは話した方がいいから
・(4)信頼関係があると思っているから
【男のホンネ】好きな相手とのLINEなのに「短文で返す理由」って?

彼とのLINEはなんだかいい感じな気がするのに、いつも短文。これって私に興味あるの?と疑問を感じているあなた。意外とそれは大丈夫なサインかもしれませんよ。今回は好きな相手とのLINEなのに短文で返す理由を4つご紹介していきます。

(1)待たせるのが悪いから

『長文で返して待たせるくらいなら、短文ですぐに返した方がいいかなって思って』(29歳/広報) 彼が好きな相手でも短文で返事をする理由は「待たせるのが悪いから」。実際は彼はあなたとつながっていたいと思っています。それよりもLINEの既読の機能にプレッシャーを感じたり、できるビジネスマンがゆえにすぐに返事をする癖がついているのかもしれません。なのですぐに返事が来て短文で返される場合はこのケースが多いかもしれませんよ。

(2)短い方がわかりやすくていいから

『長々と返信しても要件がわかりにくくなっちゃうから』(30歳/営業)短い方がわかりやすくていいからという理由があります。男性はLINEなどでこまごまと返事をするのが苦手な人もいるのです。なので短く返事をして応えを明瞭にしたいと考える人もいます。女性の様に絵文字やスタンプを使わなくても彼らしく答えていればOKとしましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.