恋愛情報『横に居たくない…男が彼女に「デートでは着て欲しくない」服の特徴』

2019年7月26日 06:00

横に居たくない…男が彼女に「デートでは着て欲しくない」服の特徴

目次

・(1)派手なカラー
・(2)フリルやレースが多すぎ
・(3)真っ黒
・(4)「こなれ」じゃなくて「手抜き」
横に居たくない…男が彼女に「デートでは着て欲しくない」服の特徴

デートの時はいつも以上に服装に気合いが入りますね。
でも気合いが空回って男性に嫌がられてしまうこともあるようです。

今回は男性が彼女に「デートでは着て欲しくない」服の特徴をまとめてみました。

(1)派手なカラー

『派手で奇抜なカラーのアイテムはあんまり好きじゃないな』(28歳/広告)

カラーものを取り入れるとコーデは華やかになります。
男性と会う時には積極的に取り入れる、という女性もいるのではないでしょうか?

男性はパステル系の淡いカラーを好みます。
ショッキングピンクやレッド、マスタードなどはちょっとキツく感じてしまうようです。
小物使いにとどめると程よいのではないでしょうか。

(2)フリルやレースが多すぎ

『フリルやレースが多すぎるとぶりっこっぽくて苦手』(30歳/人事)

女性らしさの象徴ともいえるフリルやレースは多用厳禁です。
1アイテムだけにとどめないと、全体が「ぶりっこ」な印象になってしまうでしょう。

主張が強いタイプのアイテムなので、他はベーシックなデザインと合わせるのがオススメ。
またフリルやレースの種類も上品に見える程度を選びましょう。

(3)真っ黒

『全身真っ黒はちょっと怖い』(32歳/医師)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.