恋愛情報『送りづらいなぁ…ケンカした彼との「仲直りLINE」の送り方って?』

2019年8月5日 07:45

送りづらいなぁ…ケンカした彼との「仲直りLINE」の送り方って?

目次

・(1)すぐに謝る
・(2)誤送信
・(3)痴話喧嘩ならスタンプで謝罪
・(4)会いたい気持ちを伝える
送りづらいなぁ…ケンカした彼との「仲直りLINE」の送り方って?

彼とケンカしたとき、仲直りしたくても素直になれないことってありますよね。
そんなとき簡単に仲直りする方法があったら知りたいところです。
そこでケンカした彼との「仲直りLINE」の送り方についてご紹介します。

(1)すぐに謝る

『ケンカした時にすぐにごめんねってLINEがくると、こっちも申し訳なかったなって気持ちになれる』(28歳/サービス)

彼とケンカをしたとき、明らかに自分に非がある場合には、すぐに謝るに越したことはありません。
素直に謝れないときこそ、LINEを利用する方法がオススメ。

面と向かって謝ることができなくても、LINEなら簡単に気持ちを伝えることができます。
「さっきはごめんね」など、反省が伝わるようなLINEで、ケンカを長引かせずにすぐに仲直りしちゃいましょう。

(2)誤送信

『ケンカの後ってLINEするきっかけがなかなかつかめないから、向こうから送ってくれると嬉しいです』(27歳/商社)

ケンカをするとLINEをするのに勇気がいるものです。
素直にLINEするのに抵抗がある場合には、誤送信を装ってみる方法がオススメ。
そうすることでLINEで仲直りをするきっかけを作ることにつながります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.