恋愛情報『一夫多妻性の道も険しい? バリ人男性と不倫略奪婚した場合のリスク』

2014年1月15日 21:00

一夫多妻性の道も険しい? バリ人男性と不倫略奪婚した場合のリスク

一夫多妻性の道も険しい? バリ人男性と不倫略奪婚した場合のリスク
【相談者:30代女性】
バリ島にバリ人の彼がいます。お互い結婚したいと強い気持ちはあるのですが、彼には日本人の妻と子供が一人います。私と出会う前から家庭内別居状態で、性格の不一致、セックスレスなどで離婚を考えていましたが、妻が離婚に応じません。

それならばと、私と一緒になるために、彼は、妻に私の存在を明かし、一夫多妻か離婚の選択をするよう話しました。一度は受け入れ、どちらかの選択をすると言ってくれたのですが、結局取り乱し、どちらも拒否してきました。

その後、裁判の話がでましたが、妻はそれも強く拒否しています。彼は、相手が裁判に出廷しない場合、裁判は難しいといいます。インドネシアでは、相手が調停や裁判そのものを拒否している場合、それらを起こすことはできないのでしょうか。

●A.まずは信頼できる弁護士探しを!

はじめまして。以前、バリ島に住んでいた国際恋愛専門家のCocoです。

まず結論から言いますと、彼の奥様が離婚に同意していなくても裁判を起こすことは可能です。双方が同意していても、離婚するには裁判が必要なインドネシアですが、もちろん双方が同意していない例も、それはもうたくさんあります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.