恋愛情報『一夫多妻性の道も険しい? バリ人男性と不倫略奪婚した場合のリスク』

2014年1月15日 21:00

一夫多妻性の道も険しい? バリ人男性と不倫略奪婚した場合のリスク

まず、結婚ビザ。いくら子供を産んだとしても、第二夫人に結婚ビザはおりません。外国人であるあなたは、第二夫人になったら、どのビザでインドネシアに滞在するかを考えておく必要がありますし、その費用もインドネシアに滞在する以上、ずっとかかる事になります。

そして、将来的にお子様をお考えの場合は、お子様の国籍も、彼が認知するかしないかで変わってきます。インドネシアは、血族主義の国。インドネシアで出産しても、あなたが日本人である以上、彼と婚姻関係にない場合は、お子様は日本国籍になります。彼に認知してもらい、裁判をして、初めてインドネシアと日本の二重国籍が認められます。

第二夫人になる道を選ぶ場合は、そういった将来的な事も弁護士立ち合いの元、しっかりと話し合うことが大切です。

法律も異なる異国での事ですので、戸惑う事も多いかと思います。もし、また何かお力になれる事がございましたら、いつでもご質問くださいね!(ライタープロフィール)
Coco(国際恋愛専門家)/国際恋愛・国際結婚。18歳で日本を飛び出し、インドネシアはバリ島へ留学。ヨーロッパにアジア、オーストラリアなどバリ島で仲良くなった友人は数知れず、多国に渡って交友関係あり。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.