恋愛情報『体型をオシャレにカバー!ほっそり見える「着痩せコーデ術」4つ』

2019年8月25日 08:30

体型をオシャレにカバー!ほっそり見える「着痩せコーデ術」4つ

目次

・(1)寒色系を選ぶ
・(2)上半身に目線がいくように
・(3)着痩せ効果がある肌見せを
・(4)Iラインを意識する
体型をオシャレにカバー!ほっそり見える「着痩せコーデ術」4つ

洋服の選び方によって、細く見えたり実際より太って見えたりしますよね。
「細く見せたい」という人は、着痩せして見えるコーデで体型をカバーしましょう!

今回は、オシャレしながらほっそり見える着痩せコーデ術を4つご紹介します。

(1)寒色系を選ぶ

『寒色の方が暖色の服よりスラッとして見えるよね』(28歳/美容師)

黄色やオレンジなどの膨張色は実際より大きく見せてしまう効果がありますが、青や紺など寒色系の色は実際より小さく遠く見せる効果があります。

引き締まって見える色というと黒を思い出す人も多いでしょうが、黒は輪郭をはっきりさせてしまいますし、重い印象を与えるので寒色系がベストです。

色は人それぞれ好みもあるでしょうが、寒色系を上手に使ってほっそり見せましょう。

(2)上半身に目線がいくように

『大きいピアスやネックレスがあると、あんまり下半身に目が行かないかも』(29歳/IT)

脚が太いのが悩みという女性も多いですよね。
そのような人の場合、高い位置にポイントを持ってくることで、下半身に目がいきにくくなり、体型カバー効果があります。

ネックレスや大きめのピアス、首元のスカーフなど、目線が上にいくように工夫しましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.