恋愛情報『学生時代を思い出す!?あの頃流行った「懐かしい恋のおまじない」4つ』

2019年9月25日 20:00

学生時代を思い出す!?あの頃流行った「懐かしい恋のおまじない」4つ

目次

・(1)好きな人の写真を枕の下に入れて寝る
・(2)消しゴムに好きな人の名前を書いて使い切る
・(3)シャーペンの芯を出して塗りつぶす
・(4)リップクリームに名前を彫る
学生時代を思い出す!?あの頃流行った「懐かしい恋のおまじない」4つ
小学生の頃、好きな男の子と両想いになりたくて「おまじない」をやっていた方も多いと思います。
大人になった今でも、好きな人と結ばれたいという気持ちはありますよね。

今回は今でもちょっと期待しちゃう?
恋愛のおまじないを4つご紹介します。

(1)好きな人の写真を枕の下に入れて寝る

好きな人の写真を枕の下に入れた状態で寝ると、夢に好きな人がでてくるといったおまじない。

まず好きな人の写真を手に入れるのに一苦労しました。
遠足の写真で好きな人がうつっているものを注文してみたり……。

うきうきしながら眠りにつきましたね。

(2)消しゴムに好きな人の名前を書いて使い切る

新品の消しゴムに好きな人の名前を書き、誰にも見られることなくつかいきったら両想いになれるというおまじない。
地域によっては「消しゴムは一人で使い切る」「ピンクのペンで書く」などといった別ルールもあったようです。

早く使い切りたくて、消すものもないのにひたすら消しゴムを使っていた……なんて人もいるかもしれませんね。

(3)シャーペンの芯を出して塗りつぶす

自分の名前と好きな人の名前の数だけ、シャーペンの芯を出します。
芯が出た状態で、紙にハートを書き、芯が折れないように塗りつぶすと両想いになれるといったおまじないです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.