恋愛情報『ダルダルでみっともない…。ダサく見える「ロングTシャツのNGコーデ」』

2019年10月2日 22:00

ダルダルでみっともない…。ダサく見える「ロングTシャツのNGコーデ」

目次

・(1)首元の露出が少なすぎる
・(2)ダボダボ感が強い
・(3)半端な丈のボトムスと合わせる時は要注意
・(4)真ん中にキャラクターのプリントがある
ダルダルでみっともない…。ダサく見える「ロングTシャツのNGコーデ」

秋にピッタリのトップスといえば、ロングTシャツ。
一枚でもおしゃれにコーデに取り入れられるため、秋にはがっつりリピしたいところですね。

ですがそんなロングTシャツも、着こなし方によってはダサく見えがちな部分もあるため気をつけましょう。
そこで今回は、ダサく見えるロングTシャツのNGコーデをご紹介していきます!

(1)首元の露出が少なすぎる

『もさっとした印象になっちゃうんだよね』(29歳/販売)

もちろんアイテムにもよりますが、首元の露出が少なすぎるロングTシャツは、実は少しダサくなりがちなところがあります。
鎖骨まわりを覆い隠すように露出の少ないUネック。

地味な印象が強くなり、どこかおばさんくさい印象にもなってしまいがちです。

(2)ダボダボ感が強い

『だらしない感じ?』(31歳/人事)

ロングTシャツのサイズ感にも要注意。
あまりにもダボダボなものを着すぎると、ダルダルでみっともない雰囲気になります。

オーバーサイズの着こなしは確かにトレンドの一つですが、逆にオーバーサイズすぎると大人の女性としてはダサいもの。
自然な雰囲気で着こなせるサイズを選び、ダボダボ感は抑えめにしておくのが無難です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.