恋愛情報『【実例付き】彼にドタキャンされた時の「神LINE」とは?』

2019年11月14日 07:30

【実例付き】彼にドタキャンされた時の「神LINE」とは?

目次

・(1)「残念だけど、仕事なら仕方ないよね」と寛大な態度
・(2)「そしたらいつにしようか?」とスケジュールを調整
・(3)「大丈夫?」と気遣う
・(4)素直に「会いたかったのに残念。また今度会おうね」
【実例付き】彼にドタキャンされた時の「神LINE」とは?

デートをドタキャンされたら、誰だってガッカリしますよね。
この日のために今週は残業して頑張ったし、ネイルもきれいにしたし……と不満はあるでしょう。

しかし、こんなときこそ神対応して彼のハートをガッチリ摑まえるチャンスです。
今回は、彼にドタキャンされたときの神LINEをご紹介します。

(1)「残念だけど、仕事なら仕方ないよね」と寛大な態度

『理解のある天使のような彼女、ますます大事にしないとって思う』(25歳/証券)

彼が急な仕事でどうしてもデートをドタキャンせざるを得ないとき、「私だって今日のために今週ずっと残業して頑張ったのに!」と責めたくなるかもしれません。
しかし、責めすぎると「仕事を理解してくれない」と思われてしまいます。

こんなときは、「残念だけど、仕事なら仕方ないよね。頑張って!」と神LINEを送りましょう。
彼の事情を理解してあげることで、彼の愛情はきっと深まるはずですよ。

(2)「そしたらいつにしようか?」とスケジュールを調整

『また次にしようって切り替えてくれて、優しさのかたまり!』(28歳/通信)

あなたの方から日程の変更を言い出してあげましょう。
近いうちにまたデートの約束ができるなら彼の罪悪感も減りますし、あなたがデートを楽しみにしていることも伝わります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.