恋愛情報『それ「着回し」じゃなく「着倒し」やん!男が引く「冬のNGコーデ」』

2020年1月9日 12:15

それ「着回し」じゃなく「着倒し」やん!男が引く「冬のNGコーデ」

目次

・(1)インナーが毎回同じような服
・(2)毛玉がついた着古したストッキング
・(3)小物が手を抜きすぎている
・(4)去年から同じ一枚のアウターを着続けている
それ「着回し」じゃなく「着倒し」やん!男が引く「冬のNGコーデ」

同じ服を鬼リピするなら「またこの服か」と、男性から軽く気が付かれてしまうことがあります。
男性はどのような女性のコーデを目にすると、テンションが下がってしまうものなのでしょうか。

そんな今回は、男性ががっかりしてしまう、冬のNGコーデについてご紹介いたします。

(1)インナーが毎回同じような服

『いつもインナーが黒だと「このインナーしかないのかな?」と思う』(25歳/通信)

どうせ外でデートするから良いよねと、インナーは毎回同じブラックのトップス。
インナーの手を抜きすぎてしまうコーデです。

無意識のうちでも、同じトップスを着ることが多いなら代わり映えしないコーデにもなります。
また、カフェなどでお茶をする時、アウターを脱ぐわけなので「また同じ服だ」と、結局のところ直ぐにバレやすいです。

(2)毛玉がついた着古したストッキング

『いくらオシャレな人でも毛玉がついたストッキングを見るとガッカリする』(27歳/広告)

「別に目立たないよね」と、毛玉がついたストッキングを繰り返し着てしまうコーデです。
「許容範囲だよね」と、本人が感じていても、男性としては「あ……毛玉だ」と、きちんとわかっているもの。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.