恋愛情報『実は自分のせいだった! 「好き」と言ってくれない恋人に不満がつのるワケ』

2014年4月21日 20:30

実は自分のせいだった! 「好き」と言ってくれない恋人に不満がつのるワケ

実は自分のせいだった! 「好き」と言ってくれない恋人に不満がつのるワケ
【相談者:20代男性】
私は彼女を大変愛しています。彼女に会う度、「可愛い」や「愛してる」だとか愛情表現を沢山しています。何度も何度も言いますが、毎回心を込めて言っています。それに対して彼女は照れながら、「可愛くない」とか、「ありがとう」と応えてくれます。しかし、私は自分に自信が持てないのです。元々ネガティブ思考で自分を好きになれない私は、彼女を好きになればなるほどに、「私なんかと一緒に居て良いのかな?幸せなのかな?」と思う事が増えてきました。一度、「俺なんかと一緒にいて幸せか?」と聞いたことがあるのですが、その時、「幸せを感じているように見えていないのがショック」と泣かれてしまいました。

彼女はシャイだけど、抱き合うとギュっと腕を絡めてくれるし、手を繋いできたり、「可愛い」と言ってキスして来たりします。私がボソっと、「チョコチップメロンパン食べたいなー」とメールの文と文の間に入れた何の気なしのひと言に対して、何軒もお店をハシゴしてチョコチップメロンパンを見つけてくれたりしました。これだけで十分幸せでした。もう何もいらないくらい幸せで、彼女とずっと一緒に居ようって思いました。

私はここまで彼女の愛を感じているのに、恥ずかしくて言葉が少ない彼女に対して、「本当に好きなのか不安になる」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.