恋愛情報『束縛がひどいとキケン信号? 恋人からデートDVを受けないために』

2014年5月21日 22:00

束縛がひどいとキケン信号? 恋人からデートDVを受けないために

束縛がひどいとキケン信号? 恋人からデートDVを受けないために
【相談者:20代女性】
彼の束縛がひどくて困っています。付き合って半年ですが、携帯を見るのなんて当たり前。もちろんロックなんかしていたら怒られます。毎日夜の9時に電話をしてきて、今日は誰と会ったのかとか、どこに行ったのかなど聞かれます。男の人がいるところに行った、なんて言うととても機嫌が悪くなります。

最初のうちは大切にされているような気がしていたけど、最近ちょっと重いし怖いです……。

●A.人の行動を監視して制限するのは立派なDVです。

こんにちは。マリッジノート専門家の湯原玲奈です。

恋愛初期は不安の塊。自分の感情が裸のままさらけ出されるので、自分が言ったことを相手はどう捕らえたか、嫌われたのではないか、ほかに好きな人ができてしまうんじゃないか、など、自分が相手に本当に受け入れられているかどうかが気になって仕方がない。想像が膨らみに膨らんでしまいます。結構辛いですよね。

その辛さを、相手の予定や活動を把握することで解消しようというのが束縛です。束縛されている側は、最初のころは「私、すごく愛されてるんだわ」なんて思ったりしますが、自由な行動を制限されたり、プライベートをすべてさらけ出すことを強要されると、次第に違和感を感じてくるもの。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.