恋愛情報『これで恋愛偏差値アップ?【心理学】から学ぶモテテク4つ』

2020年3月9日 17:00

これで恋愛偏差値アップ?【心理学】から学ぶモテテク4つ

目次

・(1)「ふたりでどきどき」吊り橋効果
・(2)「気があうかも?」ミラーリング効果
・(3)「ふたりだけのひみつが合言葉」カリギュラ効果
・(4)「親近感が鍵となる」ザイアンス効果
これで恋愛偏差値アップ?【心理学】から学ぶモテテク4つ

気になる男性との関係を進展させるため、「あともうひとおし!」というときもあるでしょう。
そんな時は、【心理学】を使ったアプローチを試してみませんか。

今回は【心理学】から学ぶモテテクを4つ紐解いていきましょう。

(1)「ふたりでどきどき」吊り橋効果

『確かにドキドキする所に行くと、男らしくしようとか、守ってあげようって気持ちが強くなる』(28歳/公務員)

お化け屋敷や絶叫系アトラクションなど、ふたりでハラハラドキドキの体験をすることで、相手にときめいているかのような錯覚を「吊り橋効果」と呼びます。
またその場面で、女性が怖がっていたりすると、男性は「自分が守らないと」という使命感から、より二人の中が進展しやすいと言われます。

(2)「気があうかも?」ミラーリング効果

『自分と同じタイミングで行動されると、心地よく思うかも』(25歳/営業)

気になる相手にはぜひ試してみたい「ミラーリング効果」は、親近感を感じさせるてくれるモテテクです。
飲み物を飲むタイミングや、ものを取る動作など、さりげなく相手にリンクさせて、相手の行動を心地よく思うようになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.