恋愛情報『もう二度と寝ない…男が「添い寝中」に幻滅した彼女の行動4つ』

2020年3月11日 13:45

もう二度と寝ない…男が「添い寝中」に幻滅した彼女の行動4つ

目次

・(1)オナラをする
・(2)大きすぎるイビキ
・(3)寝相が悪い
・(4)お腹をボリボリかく
もう二度と寝ない…男が「添い寝中」に幻滅した彼女の行動4つ

安心感がある彼氏との添い寝、心地よさを感じて、そのまま眠りにつくことも……。
男性は彼女と添い寝する中で、どのような行動を取られると、軽く引いてしまうことがあるのでしょうか。

そんな今回は、男性が添い寝中幻滅した彼女の行動についてご紹介いたします。

(1)オナラをする

『いい雰囲気で添い寝していちゃついている時におならされたら一気にテンションが下がる』(26歳/飲食)

二人イチャイチャ添い寝をする中、突然鳴った「プッ」の音。
オナラをすることです。

意図しない反応で「突然鳴っちゃった」と恥じらうなら「可愛い」とも感じます。
しかし、ブーっと聞かせるように音を鳴らすなら幻滅もの……。

あまりにも繰り返されると、女性として見られなくなり、距離を置きたくなります。

(2)大きすぎるイビキ

『大きいイビキをかきながら寝ているのを見るとガッカリする。スヤスヤと眠る可愛い寝顔が見たい(笑)』(27歳/サービス)

何かうるさいなと目覚めてみると彼女のイビキだった……。
度がつくほど大きすぎるイビキをかくことです。

隣にいるのがストレスに感じてしまうほど。
「別にいいでしょ」と開き直る場合、イラッとされます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.