恋愛情報『【キスマーク】ってどうやって付けるの?コツを掴めばカンタン!』

2020年4月8日 08:00

【キスマーク】ってどうやって付けるの?コツを掴めばカンタン!

目次

・(1)皮膚が薄い箇所に付ける
・(2)何度も吸う
・(3)口をすぼめる
・(4)軽く噛む
【キスマーク】ってどうやって付けるの?コツを掴めばカンタン!

愛のしるしとして、彼にキスマークを付けたいと考えている方必見!
今回は、コツを掴めばカンタンにできるキスマークの付け方をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

(1)皮膚が薄い箇所に付ける

そもそもキスマークとは軽い内出血。
そのため血管に近い箇所が比較的キスマークを付けやすいです。

首や胸元、お腹などがおすすめ。
また、内出血のため程度によっては数日残ってしまいます。

人の目につきやすい首元は、彼が嫌がる可能性があるので要注意。
自分だけがわかるという意味でも、服で隠れる箇所がセクシーではないでしょうか。

(2)何度も吸う

慣れていない方は、ゆっくりと時間をかけてキスマークを付けましょう。
同じところを何度も吸うのがコツ。

1度で付けようとすると力加減が難しく、彼が痛がってしまうことも。
チュッチュッと数回に分けて行うことで、ロマンティックにキスマークを付けることができます。

(3)口をすぼめる

キスマークのポイントは、口を真空状態にすること。
なるべく口をすぼめて、力が分散されないようにしましょう。

唇を「う」の形にして彼の肌を吸うイメージで。
乾燥しているとキスマークが付きにくいので、キスしたり舐めたりして肌を湿らせておきましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.