恋愛情報『コレは言っちゃ駄目!旦那が落ち込む「妻の一言」とは?』

2021年4月8日 11:35

コレは言っちゃ駄目!旦那が落ち込む「妻の一言」とは?

目次

・(1)「頼りない」
・(2)「稼ぎが少ない」
・(3)「器が小さい」
・(4)「薄くなってきた?」
コレは言っちゃ駄目!旦那が落ち込む「妻の一言」とは?

旦那が思わず落ち込んでしまう妻からの非情な一言。
彼らを大きく傷つける一言とは、一体どのような内容なのでしょうか。

旦那の「これは言われたくない」に迫ります。

(1)「頼りない」

妻の立場からすると、旦那に男らしい一面を求めてしまうものですよね。
その思いとは反した言動を目の当たりにしたら、つい「頼りない」という冷たい言葉を投げかけたくなるでしょう。

しかし、いまいち強気になれない男性にこのセリフを投げかけても、余計に暗い気持ちを後押しするだけです。
「男性はこうあるべき」という理想は一旦封印して、ありのままの姿を受け入れてあげた方がよいのかもしれませんね。

(2)「稼ぎが少ない」

収入に対する否定的な一言は、旦那を落胆させてしまいます。
社会に揉まれながら必死に稼いできたお金を愛する人にけなされたら、ショックを受けるのも無理ありません。

「存在が否定されているように感じる」といった悲しい意見もあったので、旦那の収入にマイナスの意見をするのは控えた方がよさそうです。

(3)「器が小さい」

「器が小さい」「心が狭い」といった一言も、旦那のプライドをズタズタにする原因に!
精神的な幼さを指摘されるこの言葉は、男性たちにとって大きなタブーになっているようです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.