恋愛情報『ゆるすまじ…!【夫に言われて傷ついたひと言】~外見編~』

2021年5月2日 20:00

ゆるすまじ…!【夫に言われて傷ついたひと言】~外見編~

目次

・(1)「昔はきれいだったのにね」
・(2)「シミやしわが多いね」
・(3)「おばさんがスカートはキツイよ」
・(4)「もう少し痩せたら?」
ゆるすまじ…!【夫に言われて傷ついたひと言】~外見編~

女性は、夫から心ない発言にイライラしながら生活しています。
時には、1つの発言が原因で離婚問題にまで発展したケースも……。

今回は、夫に言われて傷ついた外見のひと言を4つご紹介します!

(1)「昔はきれいだったのにね」

歳をとるにつれて、昔より容姿が変わるのは止められないことです。
それは男性も一緒なはずなのに、「昔はきれいだったのにね」とチクチク嫌味を言ってくる夫には、かなりイラッとします。

このように、昔と今の容姿を比較されて悩む奥さんがかなり多いようです。

(2)「シミやしわが多いね」

職場で自分より若い女性と接する機会が多い夫は、妻の顔面についての指摘するケースがあります。
とくに、シミやしわなど年齢による肌の老化は、女性にとって指摘されたくない部分の1つです。

そんなデリケートな部分を「妻だから」という理由で言っていいわけがありません。

(3)「おばさんがスカートはキツイよ」

30代以降になると、ひざ上のスカートを履くことに抵抗を感じる女性が増えます。
その理由の1つとして、夫から「おばさんのスカート姿は誰も望んでいない」と無神経な発言があるから。

「スカートは20代まで」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.