恋愛情報『プレゼントで大失敗! 彼女へ16本のバラを贈ったら不機嫌になった理由』

2015年3月17日 20:00

プレゼントで大失敗! 彼女へ16本のバラを贈ったら不機嫌になった理由

相談者様は、花言葉に隠れた意味があるのではないかと着目していらっしゃるので、もう少し詳しく調べてきました。どうやら交際相手の方は、花言葉に詳しいようですね。

ちょこっとだけうんちくを交えながら、受け止め方の違いについてみつめてみましょう。

●花言葉の意味は幅広い

バラの花言葉は「愛」。とても有名な花言葉ですよね。しかし、花言葉には多くの説が存在しています。

たとえば、バラやチューリップなど、同じ名称でも色が違う花はたくさんあります。ご想像通り、色や形状(蕾、開花状態)によってそれぞれ意味を持っているそうです。花言葉の由来も、ヨーロッパのものと、アジア圏由来のもので意味が変わってきます。

●バラには本数にも意味がある

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、バラは本数によって意味が異なります。この説は中国由来だそうです。

赤いバラが1本で、有名な花言葉「あなたを愛しています」。7本で「秘めた愛。ひそかに愛しています」。108本で「プロポーズ」……このように、花言葉は奥が深いのです。彼女さんが花言葉に詳しい方でしたら、16本のバラの意味に、気持ちが沈んでしまうかもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.