恋愛情報『読めそう…だけど読めない?!【転た】この漢字正しく読めますか?』

2021年10月20日 06:45

読めそう…だけど読めない?!【転た】この漢字正しく読めますか?

目次

・(1)「転た」の読み方
・(2)「転た」の意味
・(3)「転た」が使われている言葉
読めそう…だけど読めない?!【転た】この漢字正しく読めますか?

今回ご紹介する「転た」ですが、あなたは読めそうでしょうか。
簡単なのにもかかわらず、読めないのが難読漢字特有です。

ではなんと読むのか、さっそく紐解いていきましょう。

(1)「転た」の読み方

この漢字ですが、今まで聞いたことや経験したことがある言葉に使われています。
漢字のままではなく、そこに違う漢字がくっつくことで完成する言葉です。

ヒントは、寝るつもりはなかったのに寝てしまったときに使う言葉。
もうお気づきではないでしょうか。

正解は「うたた」になります。
ヒントで挙げた言葉は「うたた寝」のことで、「うたた」の部分が「転た」にあたるのです。

これで、もう読み方を忘れることはないでしょう。
(『広辞苑』より)

(2)「転た」の意味

「転た」には、大きくわけて3つの意味があります。
まずひとつが、「ある状態が進行してはなはだしくなるさま。いよいよ。ますます」

つぎに、「(事態がはなはだしく進んで)気に染まないこと」
最後に、「移り変わりやすいさま。また、なんとなく心動くさま。そぞろに」という意味です。

気に染まないことというのは、気が進まないといった意味になります。
いい意味として捉えがちですが、その一方で負の感情をも持ち合わせている「転た」。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.