恋愛情報『読めそうで読めない!【丁髷】難読漢字ヒント:江戸時代』

2021年11月22日 21:45

読めそうで読めない!【丁髷】難読漢字ヒント:江戸時代

目次

・(1)「丁髷」はあるスポーツの髪型
・(2)「丁髷」とはどんな髪型?
・(3)「丁髷」の由来
・(4)「丁髷」の種類
読めそうで読めない!【丁髷】難読漢字ヒント:江戸時代

一度は目にしたことがある「丁髷」。
ある髪型のことをさすのですが、どんな髪型を想像しますか?

今は限られた場でしか見ることがない髪型です。

(1)「丁髷」はあるスポーツの髪型

読めそうで読めない「丁髷」。
あるスポーツや時代劇では、馴染みの髪型です。

「ちょう○○」と読みそうですが、まず「丁」は「ちょう」とは読みません。
正解は「ちょんまげ」と読みます。

答えを聞くと「あー、そうだった!」と思い出すこともあるでしょう。
江戸時代はもちろん、日本の国技である相撲はこの髪型ですよね。
(『広辞苑』より)

(2)「丁髷」とはどんな髪型?

髪の先を曲げた髪型という認識が強い丁髷ですが、本当にそうなのでしょうか。
広辞苑によると、丁髷とは「男性の髪の結い方のひとつのこと」です。

江戸時代中期以降、額髪を剃りあげ髻(もとどり)を前面に向けてまげた髷のこと。
ただ髪の毛を伸ばし、曲げただけではなく、額から少し後ろのあたりまで剃っていたそうです。

昔はこれが普通だったので気にはなりませんが、現在では違和感しかないですよね……。
丁髷はその後、男髷と汎称となったそうです。
(『広辞苑』より)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.