恋愛情報『ドラマの犯人がよくするよね~【惚ける】この漢字読める?』

2021年11月28日 21:45

ドラマの犯人がよくするよね~【惚ける】この漢字読める?

目次

・(1)「惚ける」は「のろける」ではない
・(2)「惚ける」の意味
・(3)「とぼける(惚ける」の由来
ドラマの犯人がよくするよね~【惚ける】この漢字読める?

うっとりする様子をあらわす「惚」ですが、じつは違う意味でも使われます。
これをされると、小バカにされた気分になることもあるでしょう。

「惚ける」とは何と読むのか、さっそく見ていきますね!

(1)「惚ける」は「のろける」ではない

見たまま読むと「のろける」と読んでしまう「惚ける」ですが、それは違います。
なぜなら「のろける」は、「惚気ける」と書くので別物だからです。

ヒントは、見抜かれないようにわざとする、あの行動のこと。
なんとなくわかりましたか?

そう、正解は「とぼける」です。
「のろける」ならいいものの、とぼけられてはどうにもなりません……。

同じ字であっても、これほど違うとなんだか不思議ですよね。
ちなみに、「とぼける」は「恍ける」とも書きます。
(『広辞苑』より)

(2)「惚ける」の意味

「惚ける」には、さまざまな意味があります。
広く知れ渡っている意味は、「わざと知らぬさまをする。しらばくれる」「わざと滑稽な言動をする」ということでしょう。

都合が悪くなると、よくこのような行動をとる人も多いですよね。
わざと知らないふりをする意味以外にも、「老いて頭の働きが鈍くなる。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.