恋愛情報『良い人と書いて…【良人】読み方にビックリな難読漢字』

2021年11月29日 21:45

良い人と書いて…【良人】読み方にビックリな難読漢字

目次

・(1)「良人」の読み方
・(2)「良人」は「夫」と同じ!
・(3)「おっと(良人)」の由来
・(4)「良人」という呼び方も時代とともに変化
良い人と書いて…【良人】読み方にビックリな難読漢字

「良人」を見て、難読漢字ではないと思ったあなた。
立派な難読漢字なのですが、きちんと読めたという方はいるでしょうか。

ヒントは、ある人の名称であり、この漢字ではなく違う漢字が広く知られていますよ。

(1)「良人」の読み方

難読漢字に見えませんが、簡単に見えるのは人名でよく目にするからでしょう。
人名であれば、「よしと」「よしひと」と読めますが、ここでは熟語としての読み方です。

熟語としてなら、「りょうじん」と読むこともできますが、それも違います。
ヒントは、結婚している男性のことをさす言葉です。

この漢字、なんと「おっと」と読みます!
一般的に「おっと=夫」になってはいるものの、「良人」もれっきとした表記です。

先ほど挙げた「りょうじん」ですが、こちらのほうが珍しいとのことですよ。
(『広辞苑』より)

(2)「良人」は「夫」と同じ!

「良人」ですが、よく知られている「夫」と同じです。
広辞苑によると、「妻をもつ男。婚姻関係における男子」を「良人」と言います。

ちなみに、「りょうじん」は「いい人。賢い人」と言いますが、「夫」とも言うようです。
「良人」はどう読もうが、配偶者のいる男性であることには変わりません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.