恋愛情報『一見簡単そうだけど…?!【楚】「そ」以外の読み方分かりますか?』

2021年11月30日 21:45

一見簡単そうだけど…?!【楚】「そ」以外の読み方分かりますか?

目次

・(1)「楚」の読み方
・(2)「楚」の意味
・(3)「楚」の異なる読み方
一見簡単そうだけど…?!【楚】「そ」以外の読み方分かりますか?

日本には、さまざまな読み方をする漢字が数多く存在します。
「楚」という漢字も、そのうちのひとつ。

今回は、「楚」という漢字の読み方や意味についてご紹介します!

(1)「楚」の読み方

「楚」という漢字、正しく読むことはできますか?
「楚」は、「清楚」や「楚楚」などといった熟語に使われ、「そ」と読むことが多い文字です。

もちろん「そ」と読むこともできますが、今回は異なる読み方をご紹介します。
正解は「すわえ」と読みます。

それでは、「楚(すわえ)」の意味についても調べてみましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「楚」の意味

「楚」の読み方がわかったところで、意味についても紹介します。
「楚」とは、「木の枝や幹から細く長くのびた若い小枝」という意味です。

「ほそやか」「ほっそり」といった状態を表す形容詞でもあり、小枝と重なりますね。
古くは枕草子に登場した言葉で、文学的な言葉です。

また、「刑罰の具」「杖や鞭の類」を指す言葉でもあります。
「楚」は「苦痛」という意味の漢字でもあるのですが、「刑罰の具」という意味が転じて、そのような意味合いをもつようになったのでしょう。

同じ読み方でも、まったく異なる意味をもつ興味深い言葉です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.