恋愛情報『この漢字あなたは読めますか?【沓】ヒント:コレ持っていない人はいないはず!』

2021年12月9日 06:45

この漢字あなたは読めますか?【沓】ヒント:コレ持っていない人はいないはず!

目次

・(1)よく見る漢字と同じ読み方をする「沓」
・(2)「沓」ってどんなもの?
・(3)「くつ(沓)」の語源
・(4)なぜ“くつ”だけで「沓」「靴」「履」
この漢字あなたは読めますか?【沓】ヒント:コレ持っていない人はいないはず!

今回の難読漢字は、あなたの身の回りにあるものです。
「沓」という漢字ですが、どんなものかご存じでしょうか。

毎日お世話になっている方も多い、アレのことですよ。

(1)よく見る漢字と同じ読み方をする「沓」

“水”と“日”で構成された「沓」。
さっぱりわからないという方も多いでしょう……。

ヒントは、外に出るときに使います。
中にはコレクションにしている方もいるでしょう。

そう、この漢字は「くつ」と読みます。
くつは「靴」の字しかないと思っている方もいるかもしれませんが、じつは「沓」「靴」以外に「履」という漢字もあり、計3種類もの漢字があります。

これだけでも十分勉強になったことでしょう。
(『広辞苑』より)

(2)「沓」ってどんなもの?

沓や靴、履を含む「くつ」についてご紹介していきます。
その中に足を入れて歩行するためのアイテムです。

今は合成ゴムや革といった素材が主流ではありますが、昔は革や木、糸、麻、錦、藁などから作っていました。
束帯や衣冠などは麻沓や靴(かのくつ)、半靴(ほうか)、深沓などを履いていました。

今も昔も特別な行事があるときは、くつも特別仕様になっていますね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.