恋愛情報『小さな声で「好きかもしれない…」【実録!告白エピソード】』

2022年1月20日 13:30

小さな声で「好きかもしれない…」【実録!告白エピソード】

目次

・え?なんて!?
・ちょっと!
・いかがでしたか
小さな声で「好きかもしれない…」【実録!告白エピソード】

告白されて幸せな気持ちになれるのは、相手との関係性が重要なポイント。
今回は<こんな告白されました>エピソードをご紹介します。

え?なんて!?

大学時代の先輩。
学部は違ったけれど同じ部活のリーダーとサブリーダーの関係だった。

元々すごく仕事ができる人で憧れを持っていたし、放課後何度も二人で作業をしていたのでちょっと期待もあった。

ある日夏休み明け、大学説明会の後に私だけ呼び出され特別にお土産を買ってきたからと渡された。

そこには、明日の18時、E棟の階段の下で……という手紙。
次の日心躍る思いで行ったのだが、本当に他愛のない話を20分し帰ることに。

うぬぼれだったかなと思ったら、私が後ろを向いた瞬間に好きかもしれない……と、ボソッといわれ、ダッシュで帰られた(笑)

しかも声が小さすぎてLINEで再度聞き直すことになったという思い出。
(28歳/会社員)

ちょっと!

同じサークルの1つ下の後輩から飲みに誘われてた時のことです。
仲良くしていた後輩なので、もちろんOKしました。

行ったのは居酒屋で、隣同士のテーブルがかなり密着していて、話の内容まで筒抜け状態の中、告白をされました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.