恋愛情報『プロポーズの日に振り返る“芸能人の印象的な求婚のセリフ”5選』

2015年6月7日 12:00

プロポーズの日に振り返る“芸能人の印象的な求婚のセリフ”5選

プロポーズの日に振り返る“芸能人の印象的な求婚のセリフ”5選
みなさん、6月7日は何の日か知っていますか?実は、6月の第1日曜日は『プロポーズの日』。プロポーズに踏み切る“きっかけの日”となるように、ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんが会長を務める、『全日本ブライダル協会』が制定したそうです。 1994年制定なので、20年以上前からあったんですね。

プロポーズというと、最近は、なにかとサプライズしたがる傾向があるように感じます。でも、たとえ100本のバラを渡されても、夜景の見えるレストランやディズニーランドなど、とっておきの場所に連れて行ってくれても、プロポーズの言葉がグダグダだったら……期待しているだけに、ちょっと残念ですよね。

今は、プロポーズの演出をサポートするサービスもあるそうですが、外部の力に頼るのではなく、“その人にしか言えない言葉”にもこだわって欲しいものです。そこで、芸能人の印象的なプロポーズを振り返り、女性たちにインタビューした感想とともにご紹介したいと思います。

●(1)劇団ひとりさんのプロポーズ

大沢あかねさんへ、『結婚しよう』。

劇団ひとりさんと言えば、凝った言い回しをしそうなイメージですが、ここぞというときのド直球な言葉に、真剣さを感じますね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.