恋愛情報『危険な性感染症のリスクについて、専門家が指摘!〜後編〜』

2012年7月25日 22:05

危険な性感染症のリスクについて、専門家が指摘!〜後編〜

危険な性感染症のリスクについて、専門家が指摘!〜後編〜
前回、コンドームを着けないセックスの危険性や、感染症に対する意識の低さについて(http://ren-ai.jp/4412)お話しました。後編は、より詳しい性感染症についてお伝えします。

●性感染症(STD)とは

「性感染症」とは性行為により感染する病気のことです(STDとも言われます)。症状が出にくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。

●代表的な性感染症

- 尖型(せんけい)コンジローマ

主に性交渉によって、HPV=ヒトパピローマウイルスに感染して起こる代表的な性感染症のひとつです。HPVの感染が起こりやすいのは、外陰部、腟、肛門付近、尿道口です。

【症状】
肛門・膣のイボ、かゆみ。できもの自体に痛みはありませんが、放っておくとどんどん増加します。

【潜伏期】
3週間~3ヶ月。

【特徴】
再発しやすい。子宮頚癌と関連性のあるウイルス。

- クラミジア感染症

性感染症の中で一番感染の多い病気。症状があまりないことが多く、感染に気が付かないため感染者が上昇傾向にあり、感染が進行すると不妊症の原因となる、卵管炎を引き起こすことがあります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.