恋愛情報『ファンデで十分!? 毎日SPF50の日焼け止めを塗ると肌に悪い理由』

2015年8月18日 22:05

ファンデで十分!? 毎日SPF50の日焼け止めを塗ると肌に悪い理由

年齢とともに肌のターンオーバーのサイクルが長くなり、日焼けも落ちにくくなっていきます。ですから、大人の女性であれば日焼けは避けたいもの。紫外線が強くなる4月ごろから日焼けに注意しましょう。

●日焼け止めは肌への負担が大きい!?

多くの方が何気なく使っている日焼け止めですが、日焼け止めには2種類あります。

・紫外線吸収剤:紫外線を吸収して、赤外線や熱に変えて外に逃がします。伸びがいい。発がん性が疑われるなど肌への負担が大きい
・紫外線散乱剤:紫外線を反射させて日焼けを防ぐ。白っぽくなる

市販されている日焼け止めには両方含まれている場合が多いです。日焼けも肌に負担がかかりますが、日焼け止めも肌への負担が大きいのです。

相談者さんくらいの生活であれば、普通のファンデーションや下地に含まれるSPF20前後の日焼け止めで十分。気になるのであれば、日傘と手袋で日焼けを防止しましょう。真夏に1日外にいるようなときであればもちろんSPF値の高い日焼け止めを使ってもいいのですが、日焼けをしたくないからとSPF50の日焼け止めを普通の生活で塗っているのは危険なのです。そして、日焼け止めは夜にキチンと落としてからお休みになってください。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.