恋愛情報『人としてどうよ? 恋人に怒りを覚える心理と上手に不満を伝えるコツ3つ』

2016年3月13日 22:00

人としてどうよ? 恋人に怒りを覚える心理と上手に不満を伝えるコツ3つ

そのとき、「不当に扱われた」「軽く見られた」「バカにされた」というような気持ちを抱きませんでしたか?それは、あなたの価値を低められて自尊心を踏みにじられた、というような感覚ではないでしょうか。

そのような扱いを受ければ“さみしい”し“悲しい”ですよね。でも、これらの感情を味わうのはつらすぎます。だから、さみしいとか悲しいとか感じる前に、怒りというアイテムでフタをしてしまうのです。

少なくとも怒っているあいだは、他の余計な(?)感情を味わわなくて済むからです。こう考えると、怒りってものすごい自己防衛システムですよね。

●“常識的に考えて”とか“フツーは”という概念は実在しません

では、なぜ彼はそんな風にあなたを怒らせる振る舞いをするのでしょうか。お話を伺う限り、彼はあなたに悪意を持って接しているのではなさそうですよね。

この謎を解く鍵が、ご相談文にあったあなたの「人としてどうよ?」というフレーズです。

あなたは彼の振る舞いを“人として”ナシでしょ、とお感じになったわけですね。別の言い方をすれば、“常識的に考えて”とか“フツーは”みたいな感じでしょうか。

ところが、これが大きな罠なんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.